トリッピング・ザ・ライブ Paul McCartney 13年ぶりのワールドツアー

トリッピング・ザ・ライブ Paul McCartney 13年ぶりのワールドツアー

スポンサーリンク




トリッピング・ザ・ライブ Paul McCartney

トリッピング・ザ・ライブ Paul McCartney 、1989年〜1990年に新たなメンバー編成で行ったワールドツアー です。大規模なライブコンサートはウイングスオーバーアメリカツアー以来13年振りの事です。このツアーは映画『ゲット・バック』として公開されました。

ワールドツアーまでの道のり

1980年代はポールにとって日本公演の中止など様々な事件が起こった年です。

その中でも1980年12月のジョンの暗殺は大きな出来事でした。ショックで一時活動停止状態が続いた時期でもあります。それでも立ち直りを見せるポールは1982年に素晴らしいアルバムTUG OF WARを届けてくれました。

その後1982年パイプス・オブ・ピース 、1984年ブロードストリート、1986年プレス・トゥ・プレスなど低評価が続きまが(個人的にはパイプス・オブ・ピースなどよくできたアルバムだと思いますが)、1989年にエルビス・コステロとの共作曲もあるアルバム フラワーズ・イン・ザ・ダードの発売で「ここ10年におけるポールの最高傑作」とロサンゼルスタイムス紙の評論家から言われるほどの高い評価を受け、セールス的にも大成功を収めます。

ワールドツアーまでのライブパフォーマンス

・1985年ライブエイドでレット・イット・ビーを演奏

マイクトラブルにより音声が途切れ口パク状態になる。(誤まってポールのマイクプラグを抜いてしまったとのこと)

・1987年プリンス・トラストでゲット・バック、アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア、ロング・トール・サリーを演奏

ここではアコースティックを持ったポールがステージでのパフォーマンスを繰り広げます。インタビューでは『リハーサルでロング・トール・サリーがオリジナルキーで声が出なかった』と言っていたが、本番ではオリジナリキーで歌うことができて自信になったと語っています。

そしてフラーワーズ・イン・ザ・ダードのバンドメンバーとワールドツアーへ!

トリッピング・ザ・ライブ2CD

トリッピング・ザ・ライブ Paul McCartney 13年ぶりのワールドツアー

トリッピング・ザ・ライブ Paul McCartney 13年ぶりのワールドツアー

1990年発表の2枚組ライブ盤

1989年9月〜1990年6月の行われたワールドツアーを収録。

全27曲

Tripping The Live Fantastic

ツアーメンバー

トリッピング・ザ・ライブ Paul McCartney 13年ぶりのワールドツアー

ポール・マッカートニー

ツアーでは、ヘフナーのバイオリンベースでプレイ

リンダ・マッカートニー

リンダ・マッカートニー

ヘイミッシュ・スチュワート:G,Ba(元アベレージホワイトバンド)

ヘイミッシュ・スチュワート:G,Ba(元アベレージホワイトバンド)

ロビー・マッキントッシュ:G(元プリテンダース)

ロビー・マッキントッシュ:G(元プリテンダース)

クリス・ウィットン:Dr(元ジュリアンコープ)

クリス・ウィットン:Dr(元ジュリアンコープ)

ポール・ウィッケンズ

ポール・ウィッケンズ:Key

今までのポールのバンドの中ではタイトで技術の高い演奏を聴く事の出来るメンバーが揃っています。特にロビー・マッキントッシュのギターテクニックはさすがです。

演奏曲

ディスク1

1.Showtime

2.Figure Of Eight

3.Jet

4.Rough Ride

5.Got To Get You Into My Life

6.Band On The Run

7.Birthday

8.Ebony And Ivory

ロスアンゼルス公演ではスティーヴィー・ワンダーが飛び入り参加。日本公演ではカットされた曲

9.We Got Married

10.Inner City Madness

メンバー全員で作った曲のリハーサルテイク

11.Maybe I’m Amazed

12.The Long And Winding Road

13.Crackin’ Up

14.The Fool On The Hill

15.Sgt Pepper’s Lonely Hearts Club Band

ポールとロビー・マッキントッシュのギターバトルです。

ライブドキュメンタリー「ゲット・バック」ではポールがフレーズに行き詰まり最後にソロを投げ出してしまうバージョンでしたが、CD盤では最後までギターソロ弾いているバージョンが聴けます。

16.Can’t Buy Me Love

17.Matchbox

リハーサルテイク

18.Put It There

19.Together

メンバー全員の共作でリハーサルテイク

ディスク 2

1.Things We Said Today

2.Eleanor Rigby

3.This One

4.My Brave Face

5.Back In The U.S.S.R

6.I Saw Her Standing There

7.Twenty Flight Rock

8.Coming Up

9.Sally

リハーサルテイク

10.Let It Be

11.Ain’t That A Shame

12.Live And Let Die

13.If I Were Not Upon The Stage

14.Hey Jude

今回のツアーで初めて演奏し、以後のライブでは必ず演奏される。

15.Yesterday

16.Get Back

17.Golden Slumbers (Medley)

18.Don’t Let The Sun Catch You Crying

リハーサルテイク

本格的なライブは13年ぶりという事もあり、ポールの声帯の筋肉が落ちてしまっているようで声が出にくく、安定しないのが残念ではありますが、このライブがあったことで、以降活発なライブ活動を行うポールの活躍があります。

ビートルズの曲を封印していた呪縛が解け自由になったポール・マッカートニーのトリッピング・ザ・ライブツアーはポールファンなら是非聴いてほしいライブです。

ちなみにこのツアーは、ポールがソロとなって初めて行った日本でのライブとなります。1980年に果たせなかったライブですが、以降何度も日本に足を運んで楽しませてくれています。

おすすめの記事

ロックショウ ポール・マッカートニー&ウイングス  ロックショウ ポール・マッカートニー&ウイングス は、1976年の全米ツアー ウイ...
1976年の ウイングス オーバーアメリカ スーパー・デラックス・エディション ウイングス オーバーアメリカ は、ポール・マッ...
ポール・マッカートニー アンソロジー ボックス1970~2005 1970年〜2005年までのポール・マッカートニーのビデオクリップや...
スポンサーリンク