ブライアン・アダムス MTVアンプラグド アコースティックが良い!

ブライアン・アダムス MTVアンプラグド アコースティックが良い!

スポンサーリンク




ブライアン・アダムス MTVアンプラグド アコースティックが良い!

1997年10月29日に、ニューヨーク・ハマーステイン・ボールルームで行った ブライアン・アダムス MTVアンプラグド は、カッツ・ライク・ア・ナイフの頃からの気心の知れたメンバーを中心とした素晴らしいアコースティックパフォーマンスです。

ブライアン・アダムス MTVアンプラグド アコースティックが良い! ブライアン・アダムス MTVアンプラグド アコースティックが良い!

バンドメンバー

ブライアン・アダムス MTVアンプラグド アコースティックが良い!

ボーカル、ギター、ハーモニカ:ブライアン・アダムス

ギター、マンドリン:キース・スコット

ベース:デイブ・テイラー

ドラム:ミッキー・カリー

ピアノ:トミー・マンデル

パーカッション:ダニー・カミングス

オーケストラ:ジュリーアード・スクール

指揮:マイケル・ケイメン

演奏曲

1.Summer of ’69

ブライアン・アダムスとキース・スコットによるアコースティックギターのアルペジオに、コーラスやピアノの音が綺麗加わり、サビで入ってくるリズム隊の迫力ある8ビートが気持ちの良い演奏、1985年のヒット曲サマーオブ69からスタート

2.Cuts Like A Knife

イントロはキース・スコットのマンドリンから始まり、会場に響くブライアンのボーカルのカッコ良さはさすが!

間奏ではデイヴ・スピレインによる縦笛ソロ(ティンホイッス?)が入りマンドリンと合わさりブルーグラス的サウンドへ

3.I’m Ready

ジュリアードスクールのオーケストラとデイヴ・スピレインによる縦笛を中心とした演奏をバックに、

4.Back To You

ブライアンならではの爽やかで軽快なロックサウンド、キース・スコットによるスライドギターソロやマイケル・ケイメン指揮によりジュリーアードスクールオーケストラも加わる豪華なサウンド。

5.Fits Ya Good

セカンドアルバム収録の楽曲はアダルトなしっとりとしたアレンジ、キース・スコットのアコースティックギターソロがGOODです。

6.When You Love Someone

ブライアン・アダムスのバラード、バックはマイケル・ケイメン指揮によりジュリーアードスクールオーケストラ。

7.18 Til I Die

ジュリアードスクールの弦楽四重奏とのコラボレーション、アンプラグドならでは思考を凝らしたパフォーマンスで、クラシカルな演奏、学生の1人がバイオリンソロも披露してくれます。

ブライアン・アダムス MTVアンプラグド アコースティックが良い!

8.I Think About You

アルバムに収録されているバージョンはミディアムテンポの8ビートサウンドですが、ここではカントリータッチの軽快なアレンジで演奏。

9-10.If Ya Wanna Be Bad-Ya Gotta Be Good/Let’s Make A Night To Remember

キース・スコットのスライドギターやブライアンがブルースハープを演奏するブルースナンバー、メドレーのレッツ・メイク・ア・ナイト・トゥー・リメンバーもブルージーに演奏。

11.Underwear

オリジナルではディストーションの歪んだサウンドが中心なっていますが、アンプラグドのナチュラルな演奏もきまっています。

12.A Little Love

ボブ・ディランを感じさせる語り口調のボーカル。

13-14.Can’t Stop This We Started/It Ain’t A Party…If You Can’t Come ‘Round

15.Heaven

ブライアン・アダムスのアコースティックギターの弾き語りから始まるり、中間部からドラム等が加わる2度美味しい演奏を聴かせてくれる。

16.’ll Always Be Right There

最後はキース・スコットのアコースティックギターをバックにブライアン・アダムスのしっとりとしたボーカルでエンディング



ブライアン・アダムスのライブ

ライブ・イン・リスボン はブライアン・アダムスが幼少期過ごしたポルトガルのリスボンでの2005年1月30日のライブ映像です。ブライア...
スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク