レジェンズ・ライブ・アット・モントルー エリック・クラプトン

レジェンズ・ライブ・アット・モントルー エリック・クラプトン

スポンサーリンク




レジェンズ・ライブ・アット・モントルー エリック・クラプトン

1997年7月4日一流のジャズミュージシャンとエリック・クラプトンで行われた レジェンズ・ライブ・アット・モントルー はジャズというジャンルでクラプトン自身が『自分に出来るか?』という思いの中で共演して、自分のキャリアを確信したライブでもあります。

レジェンズ・ライブ・アット・モントルー エリック・クラプトン

画角比:4:3 ブルーレイは16:9

音声:

時間:107分

エリック・クラプトン|レジェンズ / ライヴ・アット・モントルー 1997 [Blu-ray]

メンバー

ギター・ボーカル:エリック・クラプトン

ピアノ:ジョー・サンプル

サックス:デヴィッド・サンボーン

ベース:マーカス・ミラー

ドラムス:スティーヴ・ガッド

演奏曲

レジェンズ・ライブ・アット・モントルー エリック・クラプトン

1. Full House

デヴィッド・サンボーンによるテーマからエリック・クラプトンのギターソロ、ジョー・サンプルのピアノソロ、デヴィッド・サンボーンのサックスソロ、最後はマーカス・ミラーのベースソロ

2. Groovin’

マーカス・ミラーのベースから始まる楽曲

エリック・クラプトンのナチュラルトーンのバッキングがなかなか新鮮に聴こえます。

3. Ruthie 

ジョー・サンプルのピアノのイントロから始まる美しい曲はエリック・クラプトンのギターとデヴィッド・サンボーンのサックスが優しくテーマを奏でる。

4. Snakes 

マーカス・ミラーとクラプトンによるユニゾンでの演奏に、スティーヴ・ガットによるドラムソロが視聴できる。

5. Going Down Slow 

エリック・クラプトンによるボーカル

6. The Peeper 

7. In Case You Hadn’t Noticed

マーカス・ミラーは6弦ベースでメロディアスなベースソロを展開、クラプトンはマーチン・アコースティックギター000-28ECで何故か音量を絞った控えめなソロ。

8. Third Degree 

ボイド・ディグリーとエディ・フロイド作のブルース曲

エリック・クラプトンのボーカル

9. First Song/Tango Blues

ジョー・サンプルのピアノとデヴィッド・サンボーンのサックスでゆったりと静かに始まる楽曲、テーマを弾くクラプトンの姿が初々しく見えます。

10. Put It Where You Want It

クルセイダースの代表曲

マーカス・ミラーによる長尺のスラッピングベースがなんとも心地よい。

アンコール

11. Shreveport Stomp

作曲者は『ジェリー・ロール・モートン』米国ルイジアナ州ニューオーリンズ出身のピアニスト

ジョー・サンプルによるピアノの独演

レジェンズ・ライブ・アット・モントルー エリック・クラプトン

12. In A Sentimental Mood/Layla

イントロは、マーカル・ミラーによるバスクラリネット〜そしてレイラのアコースティックバージョンへ、バックはクラプトンのアコスティックギター、マーカスのバスクラリネットを中心とした演奏。デヴィッド・サンボーンによるサックスソロも見逃せないバージョンとなっています。

13. Every Day I Have The Blues

クラプトンによるボーカル

デヴィッド・サンボーンのサックス、ジョー・サンプルのジャジーなソロがまた違った印象を与えてくれます。マーカス・ミラーのベースがなんとも素晴らしい!

スティーヴ・ガットの記事

スタッフ モントルーライブ は一流ミュージシャンの最高のグルーブ感

スポンサーリンク