ジェームス・テイラー ワン・マン・バンド 原点に帰ったベストライブ

ジェームス・テイラー ワン・マン・バンド

スポンサーリンク




ジェームス・テイラー ワン・マン・バンド 原点に帰ったベストライブ

2007年7月にジェームス・テイラーの地元であるマサチューセッツ州バークシャーのコロニアル劇場で行われた ジェームス・テイラー ワン・マン・バンド は、自身の原点に立ち返りアコースティックギター1本とラリー・ゴールディングスのピアノを主体としたライブコンサートとなっています。

ジェームス・テイラー ワン・マン・バンド

バークシャー州コロニアルシアター

ライブメンバー

Vo Gt:James Taylor

ジェームス・テイラー ワン・マン・バンド

Key:Larry Goldings

ジェームス・テイラー ワン・マン・バンド

ライブの見どころ

ジェームス・テイラーのフィンガーピッキングで奏でるアコースティックギターは、低域から高域まで綺麗で澄みきった音色が心に響き、そこにラリー・ホールディングスの弾くピアノが素晴らしい音色でジェームス・テイラーを支えています。

全編を通しての巧みなマイクパフォーマンスは、観客を飽きさせる事なく一曲一曲をより楽しませ味わい深いものにしています。また、ステージ上の大きなスクリーンにはジェームス・テイラーの操作によりスライド写真や動画の映像を映し出し効果的な演出のステージになっています。

7曲目のSlap Leatherでは、手作り感満載の大きなドラムマシーンが登場して8ビートを刻むというユニークさを感じさせてくれる演出や、アコースティックのみならずテレキャスターでバッキング、ギターソロまで披露してくれます。

右側に見えるのがドラムマシーン、マイクはメガホンに変わる

ジェームス・テイラー ワン・マン・バンド 原点に帰ったベストライブ

ジェームス・テイラー ワン・マン・バンド 原点に帰ったベストライブ

演奏曲

オープニングは、ビートルズの最後のアルバム『アビーロード』に収録されたジョージ・ハリスン作『サムシング』を作るきっかけとなった曲と言われる楽曲で、1968年にアップル・レコードから発売されたテイラーのデビューアルバム『ジェームス・テイラー』に収録されています。

James Taylor: Greatest Hits

1.Something In The Way She Moves

2.Never Die Young

3.The Frozen Man

4.Mean Old Man

5.School Song

6.Country Road

7.Slap Leather

8.My Traveling Star

9.You’ve Got A Friend

10.Steamroller Blues

11.Secret O’Life

12.Line ‘Em Up
13.Chili Dog

14.Shower The People

15.Sweet Baby James

16.Carolina In My Mind

17.Fire And Rain

18.Copperline

19.You Can Close Your Eyes

20.Line ‘Em Up-Intro

21.Line ‘Em Up

22.Chili Dog-Intro

23.Chili Dog

24.Shower The People

25.Sweet Baby James-Intro

26.Sweet baby James

27.Carolina In My Mind-Intro

28.Carolina In My Mind

29.Fire And Rain

30.Copperline – Intro

31.Copperline

32.You Can Close Your Eyes – Intro

33.You Can Close Your Eyes

ジェーム・ステイラー の使用アコースティックギター

世界トップレベルの巨匠ルシアーであるジェームス・オルソン氏が作ったアコースティックギターは、ジェームス・テイラーにより一躍有名に!

キャロルキング の記事

THE LIVING ROOM TOUR キャロル・キング THE LIVING ROOM TOUR キャロル・キング が、「個人宅な...
キャロル・キング 名盤つづれおり 全曲再現 ライブ キャロル・キング 名盤つづれおり 全曲再現 ライブ は、2016年7月3日...
スポンサーリンク