ゲット・バック Paul McCartneyのライブドキュメンタリー映画

ゲット・バック

スポンサーリンク




ワールド・ライブ・ツアー ゲット・バック がブルーレイで蘇る

ゲット・バック ツアーと呼ばれたワールド・ライブ・ツアーを編集したドキュメンタリー映画です。以降の精力的なライブ活動の再スタートはこのライブパフォーマンスから始まった!

ゲット・バック

高画質1080i

画角サイズ16:9

89分

日本語字幕付き

日本語解説付き

1989〜1990年にかけて行われたワールド・ライブ・ツアーは、トリッピング・ザ・ライブとして2枚組のCD37曲入りで発売されましたが、同じライブ・ツアーの模様を収めたドキュメンタリー・フィルムをCDとは内容を変え、ゲット・バック として編集して劇場公開されました。

監督は「A HARD DAYS NIGHT」と「HELP!」を完成させたリチャード・レスターが行なっています。

1989年9月26日のオスロからスタートしたライブツアーは後にゲット・バック・ツアーと言われ、13カ国で計102回のステージに及び、284万人を動員する大成功を収めました。

ドキュメンタリーライブ「ゲット・バック」は、いくつものコンサート会場での演奏、観客、観客のアップ、ビートルズの映像や世界情勢などを盛り込んで編集されていて、単にライブ映像だけではありません。

ビートルズ〜ポール・マッカートニーの歩んできた時代背景に合わせたベトナム戦争や天安門事件などの映像も演奏曲に合わせ映し出されるドキュメンタリーになっています。

ゲット・バック収録曲

ゲット・」バック

オープニングはブルーの照明と共にバンド・オン・ザ・ランのギターフレーズが響き、スポットライトをバックにそれぞれのメンバーが映し出される中、5弦ベースを持ったポールが静かに歌い出し次第に歓喜の瞬間へ

1.Band On The Run

2.Got To Get You Into My Life

3.Rough Ride

4.The Long And Winding Road

5.The Fool On The Hill

6.Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band

7.Good Day Sunshine

8.I Saw Her Standing There

9.Put It There

10.Eleanor Rigby

11.Back In The U.S.S.R.

12.This One

13.Can’t Buy Me Love

14.Coming Up

15.Let It Be

16.Live And Let Die

17.Hey Jude

18.Yesterday

19.Get Back

20.Golden Slumbers

21. Carry That Weight

22.The End

23.Birthday

CDとは曲順も使用されているバージョンも違っています。

6曲目のSgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Bandのポールとロビー・マッキントッシュとのギターバトルでは、ポールがソロに行き詰まってしまうバージョンが収録されています。(CDとは違うバージョン)

ゲット・バック

ツアーメンバー

ツアーメンバーは、フラーワーズ・イン・ザ・ダードのレコーディングメンバーです。

・ポールマッカートニー

・リンダマッカートニー

・ロビー・マッキントッシュ:G

・ヘイミッシュ・スチュワート:G,Ba

・クリス・ウィットン:Dr

・ポール・ウィッケンズ:Key

おすすめの記事

ロックショウ ブレーレイ・レストア&リマスター盤 1976年の全米ツアー ウイングス・オーヴァー・アメリカから、ウイングス...
ポール・マッカートニーがウイングスとして初めて行ったアメリカライブツアーで ウイングス オーバーアメリカ と題されたライブ盤...
1969年9月13日 スウィート・トロント ロックンロールライブ ジョン・レノンがカナダトロントで開催...
スポンサーリンク