スウィート・トロント・ライブ ジョン・レノン 、クラプトンとの共演

スウィート・トロント
スポンサーリンク




スウィート・トロント・ライブ ジョン・レノン

スウィート・トロント・ライブ ジョン・レノン 1969年9月13日にカナダトロントで開催されたロックンロール・リヴァイヴァル・フェスティバル、エリック・クラプトンがギターがギターで参加

前日に主催者からアップルにかけられた電話を受けたジョンは、急遽バンドメンバーとしてBaは旧友のクラウス・ファアマン、Drは後にイエスのメンバーとなるアラン・ホワイト、そしてGtはジョージのすすめもあり以前ローリング・ストーンズ主催のロックンロール・サーカスでヤー・ブルースを演奏したエリック・クラプトンに決定。

しかしエリック・クラプトンがなかなか捕まらず、やっと連絡が取れOK になったのが飛行機が離陸する3時間前だったというギリギリのスケジュールの中トロントに向かいリハーサルは飛行機内で行う、と言うほとんどぶっつけ本番のような状況でステージへ。

スウィート・トロント DVD

スウィート・トロント
スウィート・トロント DVD

収録:1969年カナダ・トロント バーシティ・スタジアム

画角比:4:3

音声:PCMステレオ

時間:57分

ジョン・レノン:スウィート・トロント~プラスティック・オノ・バンドfeat.エリック・クラプトン【リマスター版】 [DVD]

プラスチック・オノ・バンドの初ライブ演奏

ジョン・レノン

会場入りするジョン・レノン

リハーサルも行なっていないことでルーズで雑さが、ブルージーな雰囲気を感じさせます。 歪んだギターの音色や全体を通したワイルドさと、時には黒っぽさを感じるジョンのボーカルと、クラプトンの若さを感じさせてくれるギタープレイが見所です。

DVD収録曲

1.イントロダクション~イマジン

2.ヘイ・ボ・ディドリー:ボ・ディドリー

3.ハウンド・ドッグ:ジェリー・リー・ルイス

4.ジョニー・B・グッド:チャック・ベリー

チャック・ベリー

チャックベリー

5.ルシール:リトル・リチャード

プラスティック・オノ・バンド登場

プラスチック・オノ・バンドの紹介と共にジョン・レノン、ヨーコ・オノ、エリック・クラプトン、クラウス・ヴォウマン、アラン・ホワイトがステージに上がりサウンドチェック〜 ジョンの挨拶がありロックン・ロールナンバーのスタート

ジョン・レノン

ジョン・レノン

ステージではトレドマークのエピフォン・カジノ

6.ブルー・スウェード・シューズ

曲:カールパーキンス作

ビートルズ時代からの持ち歌でレット・イット・ビー・セッションでもジョンのボーカルで演奏されています。レット・イット・ビー・バージョンはアンソロジー3に収録されています。 ルーズさはあるんですがぶっつけ本番の割には思ったよりまとまっています。

7.マネー

曲:バレット・ストロング作

ジョンのボーカルでアルバム ウイズ・ザ・ビートルズにも収録されています。スウイート・トロントではジョンの歪んだギターが、よりヘビーさを感じさせます。

8.ディジー・ミス・リジー

曲:ラリー・ウィリアムズ作

ビートルズがコンサートでよく演奏していた曲です。アルバム ヘルプでもジョンのヴォーカル・バージョンが聴けます。 スウィート・トロントでは、次第にノッテきたジョンのボーカルとクラプトンのギターが曲を盛り上げます。

9.ヤー・ブルース

曲:ジョン・レノン作(ホワイトアルバム)

もちろんクラプトンのギターソロは上手でかっこいいですが、ジョン得意の和音を使ったソロがダーティーで黒っぽくてカコイイんです!

エリック・クラプトン

エリック・クラプトン

10.コールド・ターキー

曲:ジョン・レノン作

後にシングル発売されるヘヴィーなギターリフやジョンの叫ぶようなヴォーカルはなく、ソフトな演奏になっています。

11.平和を我等に

曲:レノン・マッカートニー作(ポールは作曲に加わっていないがビートルズ時代の取り決めのため作者に名があります。)

ジョンのドイツ語での力強いカウント、『アインス・ツヴァイ・アインス・ツヴァイ・ドライ・フィア』が素晴らしい! 12曲目からヨーコの前衛的なパフォーマンスが始まります。初めて聴いた時は正直聴くに耐えなかったですが、今聴き直してみるとそんなに異質に聴こえないんです。結構面白いかもしれません。(個人的な感想ですが)

12.京子ちゃん心配しないで

曲:ヨーコ作

13.ジョン・ジョン

曲:ヨーコ作

クラスウス・ヴォウマン

前がクラウス・ヴォウマンと奥がアラン・ホワイト

その他の出演者

ドアーズ、チャック・ベリー、リトル・リチャード、ボー・ディドリー、ジュリー・リー・ルイス、ジーン・ビンセント、ジュニア・ウォーカー&ジ・オールスターズ、アリス・クーパー、タグ・カーショーetc

スウィート・トロントのライブは、リハーサルを行った完璧と言えるライブではありませんが、演奏の生々しさや、ジョンを中心としとロックの鼓動が聴こえるライブです。

CD平和の祈りをこめて LIVE PEACE IN TORONTO

スウィートトロントのプラスチック・オノ・バンドが出演したライブ実況盤です。

平和の祈りをこめて
平和の祈りをこめて スウィート・トロント

カレンダーが封入されています。(LP盤にも封入されています。)

平和の祈りをこめて カレンダー スウィート・トロント

平和の祈りを込めて~ライヴ・イン・トロント1969~

※このコンサートの2週間後にビートルズは最後のレコーディングアルバム『アビイ・ロード』を発表。

※約1年後の1970年12月に名作『ジョンの魂』を発表する。

おすすめの記事

ハリー・ニルソン PUSSY CATS CDで蘇る ハリー・ニルソン PUSSY CATS は、ジョン・レノンがプロデュースしたことで...
ジョン・レノン アンソロジー 未発表音源 ボックス ジョン・レノン アンソロジー 未発表音源を集めた4枚組のボックスは、ジョンの楽曲の...
イマジンCD イマジン ジョン・レノンの名盤 がCDで発売されてから2000年にリミックスリマスターされ、2010年には全アルバムのリ...
スポンサーリンク