ロックショウ ポール・マッカートニー&ウイングスの絶頂期のライブ

ロックショウ

スポンサーリンク




ロックショウ ブレーレイ・レストア&リマスター盤

1976年の全米ツアー ウイングス・オーヴァー・アメリカから、ウイングスの絶頂期のステージを捉えたコンサート・フィルム ロックショウ が完全版としてレストア&リマスターで蘇る!

ロックショウ

ロックショウ

当時屋内コンサートの世界記録となった6万7千人を集めた6月10日のシアトル・キングドーム公演を中心に5月25日、6月22日、6月23日のステージを収録

内容

35mmオリジナルフィルムからのレストア&リマスター4Kや8kの映像には及びませんが画質も綺麗になりました。

VHS、LDには未収録だった幻の映像を網羅した初の完全版作品

ボーナス特典映像「A Very Lovely Party」を含む139分収録

ハードブック・カヴァー&豪華32pブックレット仕様

日本語訳詞字幕付き

画面サイズ: 16/9

音声: DVD:DTS Surround Sound/Dolby Digital 5.1ch/Dolby Stereo

一時は廃盤状態になっていてオークションなどで高値が付いていたんですが、ブルーレイで画像も音質も向上した映像で観れるのは嬉しいです。

ロックショウ ライブ映像

ロックショウ

当時は、ポールのヴォーカルがビートルズ時代の声に比べ「随分としゃがれていなぁ 」というのが第一印象でしたが、改めて聴くと声の張りといい艶といい若さで躍動しているのを感じます。

演奏曲

1.Venus And Mars / Rock Show / Jet
 
オープニングはポールの代表曲のメドレー
 
 
2.Let Me Roll It
3
3.Spirits Of Ancient Egypt
 
4.Medicine Jar
 
5.Maybe I’m Amazed
 
ライブでは必ずと言っていいほど演奏されるポールのお気に入りの一曲
 
 
6.Call Me Back Again (VHS、レーザーディスク未収録曲)
 
7.Lady Madonna (VHS、レーザーディスク未収録曲)
 
8.The Long And Winding Road (VHS、レーザーディスク未収録曲)
 
アルバム レット・イット・ビー収録曲で、フィルスペクターによる重厚なストリングスアレンジをポールが気に入らないことでも有名だが、ここではホーンによるアレンジで演奏されています。ポールの伸びのあるボーカルも魅力です。
 
 
9.Live And Let Die
 
ジョージ・マーチンがプローデュースした曲で007挿入歌。ライブの定番です。
 
 
ロックショウ
 
10.Picasso’s Last Words (VHS、レーザーディスク未収録曲)
 
10〜15曲目はポール、リンダ、ジミー、デニーによるアコースティックバージョン
 
3人とも当時流行っていたオベーションのギターを使用しています。
 
 
11.Richard Cory (VHS、レーザーディスク未収録曲)
 
12.Bluebird
 
リズムボックスを使用したアコースティックバージョン
 
 
13.I’ve Just Seen A Face
 
ジミーがベースに持ち替えポールとデニーの軽快なアコースティックバージョンです。デニーのアコースティックギターソロも決まっています。
 
 
14.Blackbird (VHS、レーザーディスク未収録曲)
 
ポール1人による弾き語り、次にイエスタデイへ続くため1音下げたチューニングで演奏しています。
 
 
15.Yesterday
 
ポール1人での弾き語りにホーンセクションが加わったアレンジ
 
 
16.You Gave Me The Answer
 
17.Magneto And Titanium Man
 
18.Go Now
 
デニー・レインがピアノに座りムーディー・ブルース時代のヒット曲を歌う、ジミーのギターソロ、ポールとリンダによるコーラスもグッドです!
 
 
19.My Love (VHS、レーザーディスク未収録曲)
 
ジェームス・ポール・マッカートニー・ショー以来この曲をライブで見ることが出来ました。ジミーのギターソロはヘンリー・マッカローのフレージングをしっかりコピーした印象的な演奏になっています。
 
 
20. Listen To What The Man Said
 
21.Let ’Em In
 
デニーが小太鼓を演奏する演出
 
 
22.Time To Hide
 
アルバム スピード・オブ・サウンドからのデニー・レイン ボーカルのヘヴィーな曲。ハーモニカを使った演奏がいい味を出しています。
 
 
23.Silly Love Songs
 
誰もが知るポールの名曲のひとつで、ベースラインが印象的な曲です。リッケンバッカーのゴツゴツしたベース音もいいですね〜
 
 
24. Beware My Love
 
ロック色の強い曲で、ポールのヴォーカル、ジミーのワウの効いたギターバッキング、ジョーの躍動感のあるドラム、デニーのピアノが演奏を盛り上げます。
 
 
25.Letting Go
 
26.Band on the Run
 
バンド・オン・ザ・ランがラストでアンコール前の締め
 
 
アンコール
 
27.Hi Hi Hi
 
軽快なロックで最後は倍テンポになってエンディングへ
 
 
28. Soily
 
ジミーの歪んだギターから始まるハードな曲はポール得意のシャウト系の曲調、ポールの弾くベースもハードで魅力的です。
 
 

ボーナス映像

オフ・ステージショットでは、楽屋にリンゴ・スター、ハリ・ーニルソンの姿やコンサートを観に来たエルトン・ジョンの姿も見ることができます。
 
ライブ会場での観客のインタビュー映像では、現在に比べると観客の層の若さを感じます。

ロックショウ メンバー

ポール・マッカートニー
ポール・マッカートニー
 
リンダ・マッカートニー
リンダ・マッカートニー
 
デニー・レイン
デニー・レイン
 
ジミー・マカロック
ジミーマッカロック
 
ジョー・イングリッシュ
ジョー・イングリッシュ
 
 
ホーンセクションメンバー
 
ダデアス・リチャード:サックス
 
ハウィ・ケイシー:サックス
 
スティーヴ・ハワード:トランペット
 
トニー・ドーシー:トロンボーン
 
やっぱり生のホーンセクションはいいです!
 
ロックショウ

ハードブック・カヴァー&豪華32pブックレット仕様

ロックショウ
 
ロックショウ
ロックショウ

おすすめの記事

1976年の ウイングス オーバーアメリカ スーパー・デラックス・エディション ウイングス オーバーアメリカ は、ポール・マッ...
スポンサーリンク