ラブ&ハピネス デヴィッド・サンボーン 1986年モノクロ映像ライブ

ラブ&ハピネス デヴィッド・サンボーン

スポンサーリンク




ラヴ&ハピネス デヴィッド・サンボーン ライブ

ラブ&ハピネス はデヴィッド・サンボーンが1984年に発表し、グラミー賞を受賞したライブアルバム「ストレート・トゥ・ザ・ハート」から選曲したライブ映像となっています。内容はライブ映像6曲+ラブ&ハピネスのプロモーションビデオ全7曲のモノクロ映像で構成されています。

ラブ&ハピネス

ラブ&ハピネス

1986年米ニューヨーク SIRスタジオで行なわれたライブ6曲+ビデオクリップ1曲

映像:4:3

モノクロ映像

時間:41 分

メンバー

As:デヴィッド・サンボーン

ラブ&ハピネス デヴィッド・サンボーン

Ba:マーカス・ミラー

Key:ドン・グロルニック

ラブ&ハピネス デヴィッド・サンボーン

G : ハイラム・ブロック

Dr:バディ・ウィリアムズ

ラブ&ハピネス デヴィッド・サンボーン

Vo:ハミッシュ・スチュワート(アヴェレージ・ホワイト・バンド)

ラブ&ハピネス デヴィッド・サンボーン

演奏曲

プロモーション映像をふくめた全7曲のライブはあっという間の41分間ですが、デヴィッド・サンボーンのサックスはもちろん、バンドのタイトでビートの効いた内容の濃いライブ演奏を楽しめます。

ラブ&ハピネス デヴィッド・サンボーン

1. Love & Happiness

アヴェレージ・ホワイト・バンドのハミッシュ・スチュワートがボーカルで参加。バントとの相性も良く素晴らしいボーカルを披露してくれます。

2. Run For Cover

イントロはマーカス・ミラーのソフトなベースから立ち上がりスラッピングベースが核となるサウンドに変化するノリの良いファンキーな曲。

3. Lisa

デヴィッド・サンボーンの流れる様なサックスソロ〜高域への伸びはさすがです。

4. Straight To The Heart

5. Smile

ピアノのイントロから始まる美しい曲は、ハイラム・ブロックのR&B的なギターソロとデヴィッド・サンボーンのサックスソロの掛け合いそしてバンドの盛り上がりは最高潮へ、

6. Love & Happiness(Promotion Video)

7. Hideaway(Ending)

フュージョンおすすめライブ

リー・リトナー&フレンズ1 1989年12月8日ロサンジェルス・ココナッツグローブで行われた リー・リトナー&フレンズ1 は豪...
リー・リトナー&フレンズ2 はジャズ〜 リー・リトナー&フレンズ1ではスティーヴ・ルカサーとの共演でスティヴィー・ワンダー...
スポンサーリンク