オリビア・ニュートンジョン イン・コンサート 82年のライブ

オリビア・ニュートンジョン イン・コンサート 82年のライブ

スポンサーリンク




オリビア・ニュートンジョン イン・コンサート 82年のライブ

1982年 Weber State Universityに行われた オリビア・ニュートンジョン イン・コンサート はジョン・トラボルタと共演した「グリース」、「ザナドゥ」、1981年の大ヒット「フィジカル」などオリビアの代表曲を一流バックミュージシャンを従えての渾身のライブとなっています。

画角比:4:3

音声:ステレオ

時間:79分

ミュージシャン

ボーカル:オリビア・ニュートンジョン

キーボード:ケヴィン・バッシンソン

キーボード:デヴィッド・イワタニ

ドラム:カルロス・ベガ

ギター:マイケル・ランドゥ

ギター:ばジー・フェイトン

ベース:ロバート・ポップス・ポップウェル

サックス:トム・スコット

バックボーカル:ジュディ・ブラウン、デニス・タファーノ、スティファニー・スプライル

オリビア・ニュートンジョンの絶頂期のライブといっても過言ではない充実した内容です。78年にジョン・トラボルタと共演した映画「グリース」の大ヒットでサントラ盤も大ヒット、80年の映画「ザナドゥ」はヒットはしなかったが、収録曲の「マジック」やELOのジェフ・リン作の「ザナドゥ」など楽曲が軒並みヒット、81年のアルバム「フィジカル」では、今までのイメージを脱却したかのようなオリビア・ニュートンジョンの進化により大ヒットを飛ばします。

ここでの選曲もバラード曲〜カントリーソング、ロック〜ディスコソングなどオリビア・ニュートンジョンの透明感のある綺麗なボーカル視聴できます。

オリビア・ニュートンジョン イン・コンサート 82年のライブ

一流ミュージシャンによる演奏も見所の一つで、2人のギタリスト、バジー・フェイトンとマイケル・ランドゥのバックシングとギターソロ、特に「フィジカル」でのギターソロはそれぞれ個性の光るフレージングを楽しめます。ドラムのカルロス・ベガやベースのロバート・ポップウェルのリズム隊も素晴らしく、「フィジカル」で見せるチョッパーや「ザナドゥ」でのベースラインに是非注目して聴いてみてください。

収録曲

1. 愛の炎

2. レット・ミー・ビー・ゼア

3. プリーズ・ミスター・プリーズ

オリビア・ニュートンジョン イン・コンサート 82年のライブ

4. 愛しい貴方

5. ジョリーン

6. ザナドゥ

7. マジック

8. 恋の予感

9. 恋の魔術師(マジシャン)

10. シルヴァー・レイン

11. 貴方にフォーリング

12. ハート・アタック

13. ムーヴ・オン・ミー

14. 愛すれど悲し

15. 愛のデュエット

16. フィジカル

17. 愛の告白

18. サム

デヴィッド・フォスターの記事

オリビア・ニュートンジョンの歌声に魅せられていたデヴィッド・フォスターは、1986年に「ベスト・オブ・ミー」でデュエットすることになります。

デヴィッド・フォスター&フレンズ AORファン必見 2008年5月23日ラス・ベガスで行われた デヴィッド・フォスター&フレン...
スポンサーリンク