チェット・アトキンス&フレンズ スーパーセッションシリーズ

チェット・アトキンス&フレンズ

スポンサーリンク




チェット・アトキンス&フレンズ スーパーセッション

カントリーミュージシャン、ギタリスト、プロデューサーとしても有名なチェット・アトキンスをホストに迎え、カントリー界〜その他一流ミュージシャンが参加した チェット・アトキンス&フレンズ は心暖まる内容のライブとなっています。

1987年5月1・2日,テネシー”オーディトリアム

画像:4:3

時間:60分

ミュージシャン

チェット・アトキンス

Dr:ラリー・ロンドン

Ba:デヴィッド・ハンゲイト

Gt:デヴィッド・パック

Gt;ポール・ヤンデル

Gt:マーク・ノップラー

Key:クレイトン・アヴィ

Key:マイケル・マクドナルド

Key:ダリル・ディッカ

Per:テリー・マクミラン

エバリ・ブラザース

エミルー・ハリス

ウェイロン・ジェニングス

ウィリー・ネルソン

演奏曲

1.Intro

チェット・アトキンスによるメンバー紹介

2.  I’ll See You In My Dreams

Mark Knopfler

チェット・アトキンスのエレガットとマーク・ノップラーのストラトによるギターインストソング。

チェット・アトキンス&フレンズ

3. Walk Of Life

Mark Knopfler

マーク・ノップラーのバンド ダイヤストレイツの大ヒットアルバム ブラザース・イン・アームス収録曲。

4. Dream

Everly Brothers

エバリブラザース1曲目は、コーラスの綺麗な短い曲からスタート。

チェット・アトキンス&フレンズ

5. Bye Bye Love

Everly Brothers

1957年発表のデビューシングル、全米2位のヒットを記録。サイモン&ガーファンクルもカバー

6.  Wake Up Little Susie

Everly Brothers

1957年発表でビルボードカントリーチャートで7週連続1位のヒット。

7.  Why Worry?

Everly Brothers

マーク・ノップラー作曲でエバリブラザースもアルバムに収録した美しい曲。

8. Precious Moments

Emmylou Harris & Chet Atkins

エミルー・ハリスがアコースティックギターで登場しチェット・アトキンスはマンドリンを演奏

チェット・アトキンス&フレンズ

9. Waltz For The Lonely

Chet Atkins

チェット・アトキンスによるエレガットでのインストルメンタルで、ナイロン弦のアルペジオが優しく響くメロディアスな楽曲です。

チェット・アトキンス&フレンズ

10. I Keep Forgetting

Michael McDonald

マイケル・マクドナルドのファーストソロアルバムからのヒット曲、リズムが16 ビートになりミュージシャンのノリがガラッと変わります。エンディングではチェット・アトキンス、マーク・ノップラーのギターソロも楽しめます。また、デヴィッド・ハンゲイトのベースも決まっています。

チェット・アトキンス&フレンズ

11. Fire In His Eyes

Waylon Jennings

太く力強いボーカルが魅力のカントリーミュージシャンで、フェイザーなどのエフェクトを使用してハンマリングやプリングなどをうまく組み合わせた独特のギター奏法が持ち味。

12. Good Hearted Woman

Waylon Jennings & Willie Nelson

チェット・アトキンス&フレンズ

13. I Am A Cowboy

Willie Nelson

いつもホールの下部に穴が空いた古いアコースティックギターを使用しているウィリー・ネルソンですが、今回は新しいエレガットで演奏。

チェット・アトキンス&フレンズ

14. Sunrise

Chet Atkins

ジョージ・ベンソンと共演したインストロメンタル曲、デヴィット・パックとのディオ。

15. Imagine

Chet Atkins & Mark Knopfler

マーク・ノップラーとチェット・アトキンスによるギターの弾き語りで、ジョン・レノンの名曲をしっとりと聴かせてくれます。

チェット・アトキンス&フレンズ

16. I Still Can’t Say Goodbye

Chet Atkins

亡き父への想い「まだ、さよならを言えない」と切々と歌い上げる。涙を誘う心あったまる曲。

17.Ensemble –Corinna Corinna

エンディングはウィリー・ネルソンのボーカル〜全員参加で、マイケル・マクドナルド〜16ビートにリズムが変わりエンディングへ

ブルースセッション

B.B.キング&フレンズ B.Bキングがホストとなり、豪華一流ミュージシャンが出演したスーパーセッションシリーズのブルース編 ...

ロカビリーセッション

ロカビリーセッション カール・パーキンス&フレンズ ジョージも参加

スポンサーリンク