B.B.キング&フレンズ 豪華ミュージシャン出演ブルースセッション

スポンサーリンク




B.B.キング&フレンズ

B.Bキングがホストとなり、豪華一流ミュージシャンが出演したスーパーセッションシリーズのブルース編 B.B.キング&フレンズ はブルース好きはもちろん、音楽好きなら必見のライブシリーズです。

出演ミュージシャン

B.Bキング

アルバート・キング

スティーヴィー・レイ・ヴォーン

エリック・クラプトン

ドクター・ジョン

ポール・バターフィールド

エタ・ジェームス

グラディス・ナイト

チャカ・カーン

ビリー・オーシャン

フィル・コリンズ

演奏曲

1:.Why I Sing The Blues

B.B. King and All Stars

B.B.キング&フレンズ

オープニングはB.B.キング、アルバート・キングを中心に、ホスト役のB.B.キングの紹介のもと豪華メンバーが1人づつ演奏に加わり一同に介します。

2. Please Send Me Someone To Love

Gladys Knight with B.B. King

B.B.キング&フレンズ

グラディス・ナイトとB.B.キングのボーカル、そしてB.B.のギターソロが素晴らしいスローブルース。

3. The Thrill Is Gone

B.B. King with Eric Clapton and Phil Collins

B.B.キング&フレンズ

フィル・コリンズがドラム、エリック・クラプトンがギター、ポール・バターフィールドがブルースハープで加わって名曲スルーイズゴーンを演奏、後半はBBキングとエリック・クラプトンによるギターソロの掛け合い。

4. I’d Rather Go Blind

Etta James and Dr. John

エタ・ジェイムスが「こんなにも愛しているのに、恋人が離れて行ってしまう」と言う内容のラブソングをドクター・ジョンを迎え熱烈に歌い上げる。

5. When Something Is Wrong With My Baby

Billy Ocean and Chaka Khan

ビリー・オーシャンがソウルバラードを熱唱、 チャカ・カーンがコーラスで参加の豪華共演。

6. The Sky Is Crying

Albert King, Stevie Ray Vaughan and Paul Butterfield

B.B.キング&フレンズ

スティーヴィー・レイ・ヴォーンが敬愛するアルバート・キングとの共演です。レイヴォーンのチューキングフレーズはアルバート・キングの影響が感じられます。

ここではレイ・ヴォーン、アルバート・キング、ポール・バターフィールドの3人がボーカルを担当。

7. Something’s Got A Hold On Me

Etta James with B.B. KIng

エタ・ジェームの持ち歌で、リズム&ブルースの魅力が味わえる楽曲

8. In The Midnight Hour

B.B. King and All Stars

スティーヴ・クロッパーとウィルソン・ピケットにより作られ、1964年に全米R&B チャート1位に輝いた曲、明るく軽快でノリの良いリズム&ブルースのナンバー。

ビリー・オーシャンのボーカルが光ります。

9. Ain’t Nobody’s Business

Gladys Knight, Etta James and Chaka Khan with B.B. King

何度聴いても魅力的な曲で、様々なアーティストに歌い継がれています。ここではグラディス・ナイト、エタ・ジェームス、チャカ・カーンの3人による個性あるボーカルが堪能できます。

10. Let The Good Times Roll

B.B. King and All Stars

全員参加で盛り上がる軽快なナンバー

11. Take My Hand Precious Lord

Etta James, Gladys Knight and Chaka Khan

トーマス・A・ドーシー作曲のゴスペルソング、エタ・ジェイム、グラディス・ナイト、チャカ・カーンの3人によるアカペラでしっとりと歌われ、後半から楽器が加わりエンディングへ。

12. Closing Credits [Instrumental]

B.B. King and All Stars

全員でエンディング。

PS:残念なことにポール・バターフィールドは、1987年5月に痛み止めモルヒネの過剰摂取のため亡くなってしまいます。前月の4月に行われたこのライブが最後のライブなんです。

ロカビリーセッション

今回紹介する映像カール・パーキンス&フレンズ はカール・パーキンスを中心に行われた ロカビリーセッション です。 ブルースウェ...
スポンサーリンク