レオ・フェンダー・トリビュートライブ 豪華ミュージシャンが参加

レオ・フェンダー・トリビュートライブ

スポンサーリンク




レオ・フェンダー・トリビュートライブ

1991年にパーキンソン病の併発症により亡くなったレオ・フェンダーを忍んだ レオ・フェンダー・トリビュートライブ はフェンダーギター を愛する豪華ミュージシャンが参加して1992年に開催されたライブで、収益金はパーキンソン病に寄付されることになっています。

ソフトは既に廃盤になっていますので新たに見ることは難しいのですが、豪華なギタリストが多数出演している貴重ライブなのでユーチューブには投稿されているかと思い探したのですが見つかりませんでした。

機会がありましたら是非見てください。

参加ミュージシャン

ジェフ・バクスター

ロベン・フォード

スモーキー・ジョー・ボナマッサー

ジェームス・バートン

ジェフ・バーリン

アルバート・リー

ロビー・クルーガー

ベリー・オークリーJr

マルコ・モイヤー

ディック・デイル

ロン・イングランド

スティーヴ・ルカサー

ヴィヴィアン・キャンベル

トニー・フランクリン

イングヴェイ・マルムスティーン

演奏曲

1. オープニングは当時14歳のジョー・ボナマッサとロベン・フォードによる軽快なシャッフルリズムのブルース、特にジョー・ボナマッサがここぞとばかりにギターを弾きまくっています。

レオ・フェンダー・トリビュートライブ

2. ジェームズ・バートンとアルバート・リーによる軽快なカントリーソング、ベースにジェフ・バーリン、ドラムにはマイティ・マルローが参加。

レオ・フェンダー・トリビュートライブ

3. 続いてもジェームズ・バートンとアルバート・リーによるスローなカントリーソング。

4. オールマンブラザースのベーシストであるベリー・オークリーを父に持つベリー・オークリーjrがボーカルとベースで参加、ここでギターで参加のジェフ・バクスターとロビー・クリガーのギターソロの掛け合いが見ものです。

レオ・フェンダー・トリビュートライブ

5. ベリー・オークリーjrとロビー・クリガーによりオールマンブラザースも演奏したスティッツボロ・ブルースを演奏。

6. ディック・デイルによる映画パルプフィクションでも使われた曲ミザリーを披露、ディック・デイルはディープなリバーブに低音弦をスライドしたトレモロ奏法によりサーフサウンドのスタイルを確立したとも言われています。

7. 同じくディック・デイルによりスティーヴィー・レイボーンに捧げると言ってパイプラインを演奏。

8. ヴィヴィアン・キャンベルとスティーヴ・ルカサーがステージに立ちギターソロの共演。

ギターはバリーアーツ。

9. 再びロベン・フォードがギターとボーカル、ジョー・ボナマッサがギターでスローブルースを共演。

レオ・フェンダー・トリビュートライブ ジョーボナマッサ

10. ロベン・フォードによるジャージーな演奏。

11. イングヴェイ・マルムスティーンが登場してスモーク・オン・ザ・ウォーターを演奏。

レオ・フェンダー・トリビュートライブ イングヴェイ

12. 最後はインヴェイによるジミヘンばりの演出で演奏するパープルヘイズで締めくくり。

レオ・フェンダー・トリビュートライブ イングヴェイ

フェンダーUSAのイングヴェイ・マルムスティーン・シグネチャー・ストラトキャスター・ヴィンテージホワイト

ジョー・ボナマッサの記事

ジョー・ボナマッサ ライブ・イン・ロンドン ツアー・デ・フォースはロンドンのシェパーズ・ブッシュ・エンパイアで行われたバンドメンバー4...
スポンサーリンク