ジョー・ボナマッサ ライブ・イン・ロンドン ツアーデフォース

ジョー・ボナマッサ

スポンサーリンク




ジョー・ボナマッサ ライブ・イン・ロンドン

ツアー・デ・フォースはロンドンのシェパーズ・ブッシュ・エンパイアで行われたバンドメンバー4人と3人のホーンセクションにより、 ジョー・ボナマッサ 自身の曲やBBキング、ゲイリー・ムーアなど14曲の楽曲で構成されたライブコンサートになっています。

ジョー・ボナマッサ

ジョー・ボナマッサ

ジョーボナマッサ を初めて見たのは1991年パーキンソン病の併発病のため亡くなり、1992年に開催されたレオ・フェンダーギタートリビュートライブです。

出演者はジェフ・バクスター、スティーヴ・ルカサー、イングベイ・マルムスティーン、ロベン・フォードらの大御所に混ざってブルースを弾きまくっている少年を目にしたんです。すごい少年だなあとは思いましたが、それがジョー・ボナマッサです。当時はあまり関心がなかったのでスルーしていました。

数年後にCDショップにて、新たなブルースでも聴こうかと購入したCDが、当時14歳の少年だったジョー・ボナマッサのCDだったのです。内容も楽しめるものだったのですが、あまり日本のCDショップでは見かけないので、それほど多くの曲を聴いていませんが、今回ライブDVDを見つけ購入しました。

内容

音声:ドルビーデジタル、dts

画角比:16:9

時間:104分

バンドメンバー

G:JOE BONAMASSA

ジョー・ボナマッサ

Key:ARLAN SCHIERBAUM

ジョー・ボナマッサ

Ba:CARMAINE ROJAS

Dr:TAL BERGMAN

ジョー・ボナマッサ

Sax:SEAN FREEMAN/Tp:LEE THORNBURG/Tb:MIKE FELTHAM

ジョー・ボナマッサ

演奏曲

バンドメンバーの演奏との一体感も素晴らしく、ジョー・ボナマッサのギターは心地よいフレーズの連発です。ミディアムテンポ〜ソローなブルースが中心になりますが、バリエーション豊かな選曲のライブになっているのではないでしょうか!

1.SLOW TRAIN

ジョー・ボナマッサはギブソン・ファイヤーバードを抱え登場しドラムとベースの太いリズムでスタートです。

2.SO IT’S LIKE THAT

ホーンセクションも加わり、レスポールに持ち替えたジョーのシャッフルビートに乗ったソロが心地良い。

3.MIDNIGHT BLUES

スローブルース

4.LAST KISS

スローブルースに続くは、ドラムのイントロから軽快なシャッフルビート

5.SO MANY ROADS

これぞ泣きのギターソロ!

6.YOU BETTER WATCH YOURSELF

ここでギブソン335に持ち替え繰り出すソロはナチュラルな音がまたいいんです。

7.CHAINS & THING

BBkingを彷彿されるチョーキングやフレージングのギターソロが聴ける。

8.LONESOME ROAD BLUES

イントロからのリフ〜曲を通してのリフは、どうしてもクロスロードを感じてしまします。

9.STOP!

ここでもスローで重いサウンドに乗ったジョーのソロが泣きます。

10.I GOT ALL YOU NEED

ミディアムテンポのシャッフルビートブルース

11.TNE GREAT FLOOD

フィンガーピッキングから始まるスローブルース、ソロではギターのボリュームを使ったバイオリン奏法も随所に見せて切れます。

12.THE BALLAD OF JOHN HENRY

ギターとボーカルで静かに始まった曲はリズム隊が加わり次第に激しいサウンドに、70年代のハードロックを彷彿されるフレージングといいサウンドといいカッコイイ!特にキーボードソロなどは70年そのものを感じてしまします。

アンコール

13.ASKING  AROUND FOU YOU

14.FURTHER ON UP THE ROAD

定番ですね!

ボーナストラック

リハやバックステージ映像など

No Man’s Land

The Making of Tour de Force

All Access Pass

エリッククラプトン の記事

エリック・クラプトン セッションズ・フォー・ロバート・J CD+DVD エリック・クラプトンのスタジオライブなど貴重映像が見ら...
スポンサーリンク