ピーター・セテラ サウンド・ステージ 素直になれなくて収録のライブ

ピーター・セテラ サウンド・ステージ 素直になれなくて収録のライブ

スポンサーリンク




ピーター・セテラ サウンド・ステージ ライブ

ピーター・セテラ サウンド・ステージ は、1974年からシカゴとして活動し、1985年に脱退後は、ソロとして活躍の場を広げた貴重なライブです。バックにオーケストラ、ゲストにエイミー・グラント、ギターにはブルース・ガイチ参加

ピーター・セテラ サウンド・ステージ 素直になれなくて収録のライブ

ピーター・セテラ サウンド・ステージ 素直になれなくて収録のライブ

サウンドステージとは

かつてアメリカの人気番組であるサウンド・ステージは1974年にスタートして、数々のアーティストが出演しライブ演奏を行なっていた番組だったのですが、2003年に18年ぶりにサウンドステージとして蘇りました。今回はピーター・セテラが出演したライブコンサートをDVD化した貴重盤です。

内容

画角比:16:9

音声:ドルビーデジタル5.1、PCM

字幕: 日本語

時間:70分

サウンド・ステージ ピーター・セテラ・ウィズ・スペシャル・ゲスト・エイミー・グラント [DVD]

アーティスト

Vo/Gt:Peter Cetera

Gt:Bruce Gaitsch

P:Tony Harrell

Gt・Cho:Gene Miller

オーケストラ

ゲスト

Vo・Gt:Amiy Grand

John Hammond

Gary Lunn

Mark Oakley

Will Owsley

Kim Keyes

収録曲

エイミーグラント

1〜2曲目までは自身のバンドをバックに、3曲目はオーケストラをバックに演奏。

ピーター・セテラ サウンド・ステージ 素直になれなくて収録のライブ

1.Baby Baby

1991年に全米NO.1を獲得

2.Simple Things

3.El Shaddai

ミー・グラント

ピーターセテラ

バンドでの演奏ではなく、全編オーケストラをバックに従えたライブコンサートとなっています。バンド演奏を見たかったのであまり期待はしていなかったのですが、ピーター・セテラのボーカルはオーケストラとの相性もよく素晴らしいライブコンサートとなっています。

ピーター・セテラ

4.One Good Woman

アルバム「ワン・モア・ストーリー」収録

5.Glory of Love

アルバム「ソリテュード~ソリティア」収録、全米NO.1を獲得

6.Restless Heart

アルバム「ワールド・ホーリング・ダウン」収録

7.If You Leave Me Now

アルバム「シカゴX」収録、初めての全米NO.1

8.After All

1989年シェール&ピーター・セテラのデュエット曲、全米NO.6を獲得

今回のライブではキム・キーズとのデュエット

9.Next Time(I Fall in Love)

エイミー・グラントのとデュエット曲で全米NO.1を獲得

アルバム「ソリテュード~ソリティア」収録

ピーター・セテラ エイミー・グラント

10.Baby What a Big Surprise

アルバム「シカゴXI」収録

11.You’re the Inspiration

アルバム「シカゴ17」収録、全米NO.3

12.Have You Ever Been in Love

アルバム「シカゴ17」収録

チェロとピアノをバックに歌うピーター・セテラのボーカルに魅了されます。

ボーナストラック

13. 25 or 6 to 4

シカゴの2枚めのアルバムに収録されているロバート・ラムが作曲しビルボード4位を獲得した曲。

ここではブルース・ガイチのアコースティックギターのイントロからスタートしオーケストラが加わるアレンジ。

ブルース・ガイチ

14.Even a Fool Can See

アルバム「ワールド・ホーリング・ダウン」収録

15.Hard To Say I’m Sorry

全米NO.1を獲得し、シカゴ復活と言われたヒット曲です。

アルバムではデビット・フォスターをプロデューサーに迎え、スティーヴ・ルカサーやデビット・ペイチなどのミュージシャンがバックを務めた事で、シカゴの代名詞であるホーンセクションが影を薄めたAOR的なアレンジが中心となっています。

アルバム「シカゴ16」収録

やはりピーター・セテラのボーカルで聴きたい曲です。

シカゴ時代のピーター・セテラの歌っているライブを色々探したのですが、プロモーションビデオでしか見つけられなかったので、今回のビデオで見られるのは貴重です。

ピーター・セテラおすすめのアルバム

ユー・アー・ザ・インスピレーション(愛ある別れ)

ピーター・セテラのヒット曲を中心に新たにレコーディングしたバージョンとなっています。なかなか手に入りにくいかもしれませんが一聴の価値ありのアルバムです。

You’re the Inspiration: A Collection

AORの記事

スティーヴン・ビショップ アコースティックライブ duo Live 渋谷の「duo Music Exchange」で行われた スティー...
スティーリー・ダン シークレット・ライブ・ニューヨークDVD スティーリー・ダン の1980年発表の名盤「ガウチョ」以来20年ぶりのオ...
スポンサーリンク