レス・ポール&フレンズ スーパーセッションシリーズ

レス・ポール&フレンズ

スポンサーリンク




レス・ポール&フレンズ スーパーセッション

レス・ポールをホストに迎えて行われたライブ スーパーセッションシリーズ レス・ポール&フレンズ はレス・ポールはじめ一流ミュージシャンの演奏が楽しめる内容に仕上がっています。

収録:1988年8月18日:ニューヨーク・ブルックリン”BAMマジェスティック・シアター

映像:4:3

時間:60分

※レス・ポール(本名Lester Willam Polsfuss)はギタリストでありギブソンレスポール、マルチトラックレコーダーの発明としても知られています。

ミュージシャン

エドワード・ヴァン・ヘイレン

B.B.キング

デヴィッド・ギルモア

スタンリー・クラーク

ヤン・ハマー

カーリー・サイモン

スティーヴ・ミラー

ウェイロン・ジェニングス

ストレイキャッツ

バックバンド

トニー・レヴィン

リック・マロッタ

デヴィッド・スピノザ

ロビー・コンドル

ヒュー・マクラッケン

(Backvocal:KASEY CISYK)

演奏曲

1 Introduction

2 Lover

Les Paul

1915年生まれで68歳という年を感じさせないギターソロは、高速のピッキングと運指の速さを見る事が出来ます。

レス・ポール&フレンズ

3 Les Paulverrizer Demo

Les Paul

ギターに取り付けされたブラックボックス(多重録音装置)に、ギターフレーズを重ね録音して1人オーケストラを実践しての演奏です。

レス・ポール&フレンズ

4 Echoe Tribute ~ Back Pain Boogie

Eddie Van Halen

エディ・ヴァン・ヘイレンはライトハンド(タッピング)を駆使した革新的なギターサウンドで世のギタリストに衝撃を与えたギタリストと言われています。ここでの演奏も素晴らしいサウンドを届けてくれています。曲間ではヤン・ハマーのキーボードソロも堪能できます。

レス・ポール&フレンズ エディ・ヴァン・ヘイレン

5 Everyday I Have the Blues

B.B.King

大御所登場でレス・ポールとのギターソロの掛け合い。

レス・ポール&フレンズ

6 It Happens Every Day

Carly Simon&Les Paul

レス・ポールから送られたというギターを抱え登場。

レス・ポール&フレンズ カーリー・サイモン

7 God Bless the Child

Steve Miller

敬愛するレス・ポールにギターの手ほどきを受けたこともあるスティーヴ・ミラーはギタリストとしてボズ・スッキャッグスのバンドに参加したり、自身のスティーヴ・ミラーバンドでもアルバムが全米1位を記録するなどの実力者。ここでは派手さはないが的確なギター演奏を聴く事が出来ます。

レス・ポール&フレンズ

8 I’m Blue? ~ I’m a Foot to Care

Rita Coolidge&Les Paul

レス・ポール&メリー・フォードの作詞作曲

リタ・クーリッジのボーカルに、レス・ポールのギターソロがジャージーに絡んでいく演奏です。

レス・ポール&フレンズ

9 Over the Rainbow

Les Paul Trio

ステージ下の客席での演奏、レス・ポールトリオのサイドギターの音、キレの良さが魅力です。

レス・ポール&フレンズ

10 It’s Been a Long Long Time

Les Paul Trio

11 Deep in the Blues

David Gilmour

デヴィッド・ギルモアのギターサウンドは、決して早弾きなどのテクニックではなく哀愁を誘うようなチョーキングの素晴らしさや、歪んだ音質が良いんです。ここでも心に響くギターサウンドを披露してくれます。

デヴィッド・ギルモア

12 Georgia on My Mind

Stanley Jordan&Les Pau

ギターテクニックの革新者といえばスタンリー・ジョーダンは外せない1人です。コードをタッピングしながら両手を使ってピアノのように弾きこなすテクニックは衝撃でした。

ここでは名曲ジョージアオンマイマインドをレス・ポールとディオで演奏します。

13 I Really Don’t Want to Know

Waylon Jenning&All Stars

カントリー界の大御所はレス・ポールとの初共演です。

レス・ポール&フレンズ

14 Blue Suedes Shoes

The Stray Cats&All Stars

解散後ストレイキャッツとして久しぶりに観る事が出来ました。ブライアン・セッツァーのギターテクニックはロックの域にとどまらず、ジャズ的なフレージングも魅力のギターソロを披露してくれます。

レス・ポール&フレンズ ストレイキャッツ

出演メンバーがステージに揃い演奏

15 How High the Moon

Les Paul Trio

最後はレス・ポールの演奏でエンディング。

レス・ポール&フレンズ

B.B.キング&フレンズの記事

B.B.キング&フレンズ B.Bキングがホストとなり、豪華一流ミュージシャンが出演したスーパーセッションシリーズのブルース編 ...

チェット・アトキンス&フレンズの記事

チェット・アトキンス&フレンズ スーパーセッション カントリーミュージシャン、ギタリスト、プロデューサーとしても有名なチェット...

カール・パーキンス&フレンズの記事

今回紹介する映像カール・パーキンス&フレンズ はカール・パーキンスを中心に行われた ロカビリーセッション です。 ブルースウェ...
スポンサーリンク