スティーリー・ダン 彩(エイジャ) サウンド分析したドキュメンタリー

スポンサーリンク




スティーリー・ダン 彩(エイジャ) ドキュメンタリーDVD

スティーリー・ダン 彩(エイジャ) をドナルド・フェイゲン、ウォルター・ベッカー2人によるサウンド分析と、プロデューサーのゲイリー・カッツ、エンジニアのロジャー・ニコラス、バックを務めたニューヨークやLAの音楽シーンで活躍するミュージシャンたちが、曲と歌詞の両面から作品を徹底分析、さらに2人を中心としたスタジオライブを含めたドキュメンタリー作品です。

スティーリー・ダン 彩 をサウンドを分析したドキュメンタリーDVD

スティーリー・ダン 彩 をサウンドを分析したドキュメンタリーDVD

画角比:4:3

音声:リニアPCM

時間:61 分

出演ミュージシャン

ドナルド・フェイゲン

ウォルター・ベッカー

デニー・ディアス

ゲイリー・カッツ

チャック・レイニー

ディーン・パークス

イアン・デューリー

アンディ・ギル

リック・マロッタ

ロジャー・ニコルズ

マイケル・マクドナルド

ラリー・カールトン

バーナード・”プリティ”パーディ

ウイン・ショーター

当時のレコーディング状況を語る

スティーリー・ダン 彩(エイジャ) サウンド分析したドキュメンタリー

楽曲によっては何人ものスタジオミュージシャンを入れ替えて作成したことでも有名ですが、ペグのギターソロでは8人ものギターリストを試した結果、最終的にジェイ・グレイドンのソロが採用されたレコーディング過程を、実際に参加してボツになったテイクと合わせて試聴します。

また、ベースで参加したチャック・レイニーは、ウォルターベッカーにスラッピングはしないでくれと言われたにもかかわらず、ペグのサビのベースラインにはスラッピングがしっくりくると譲らず、見つからないよう隠れてスラッピング録音したことが功を制し、最終的に正規のレコーディングテイクとなった逸話など

結成当時の話も

ドナルド・フェイゲンの話によるとスティーリー・ダンができたのは、元々デニー・ディアスのバンドをウォルター・ベッカーと2人で乗っ取ったような形で出来たという事です。

ジェフ・バクスター、デニー・ディアスの姿も見られる初期の写真

収録曲

1. イントロダクション

2. ジョージー

3. ペグ

4.ディーコン・ブルース

5.ブラック・カウ

6. 安らぎの家

7. 彩

8.ペグ

9.ジョージー

スタジオライブ

スティーリー・ダン 彩(エイジャ) サウンド分析したドキュメンタリー

ベースのチャック・レイニー、ドラムのバーナード・パーディも参加してのスタジオライブ

スティーリー・ダン 彩(エイジャ) サウンド分析したドキュメンタリー



スティーリー・ダンのライブ

スティーリー・ダン シークレット・ライブ・ニューヨークDVD スティーリー・ダン の1980年発表の名盤「ガウチョ」以来20年ぶりのオ...
スポンサーリンク