ラリー・カールトン ライブ・アット・ワーフィールド 1987

ラリー・カールトン

スポンサーリンク




ラリー・カールトン ライブ・アット・ワーフィールド 1987

ラリー・カールトン による1987年10月25日、サンフランシスコ ワーフィールド・シアターのライブコンサート。ラリー・カールトンは、バリーアーツのストラトを抱え、ストライク・トワイスから往年の代表曲〜アコースティックナンバーも演奏。

映像はLDで発売されていましたが、現在は廃盤のようです。ラリー・カールトンが39歳の時の貴重ライブになります。

ラリー・カールトン

ラリー・カールトン

1987年10月25日、サンフランシスコ

画角比:4:3

音声:ステレオ

時間:60分

ミュージシャン

G:Larry Carlton

ラリー・カールトン

Dr:John Ferraro

ジョン・フェラーロ

Ba:John Peña

ジョン・ペイニャ

Key:Terry Trotter

テリー・トロッター

Sax:Kirk Whalum

カーク・ウィラム

演奏曲

ラリー・カールトン ライブ

1.DON’T GIVE IT UP

1977年アルバム「ラリー・カールトン(夜の彷徨い)」収録

2.STRIKES TWIC

長年の友人でもあるテリー・トロッタのキーボードソロ、途中から倍テンポになるバージョン。

3.10 PM

都会のアダルトな夜を感じさせる楽曲、曲名が決まらなくて困っているときに時計を見ると夜10時だったということで10PMに決まった曲名。カーク・ウィラムによる長尺のサックスソロ。

4.SMILES AND SMILES TO GO

綺麗なキーボードのイントロから始まるアコースティックナンバー、バリーアーツのアコースティックギターを使用した音色は伸びやかでカールトン独特の音色なんです。

全編アコースティックギター(スティール弦)による1985年発表のアルバム「アーロン・バット・ネヴァー・アーロン」の代表曲。

ラリー・カールトン

5.MINUTE BY MINUTE

ドゥービーブラザースが1978年に発表したアルバム曲でマイケルマクドナルドの作曲。こちらもアコースティックギターによる演奏。

全編アコースティックギターによる1987年発表のアルバム「ディスカバリー」からの楽曲。アルバム「ディスカバリー」は「アーロン・バット・ネヴァー・アーロン」と同じ全編アコースティックギターによるアルバムですが、よりソフトにメロディアスに感じるアルバムです。

6.I GOTTA RIGHT

B.B.キングとの共演を果たしたブルースナンバー、伸びのあるチューキングやラリー・カールトンによるボーカルも披露。

7.EMOTIONS WOUND US SO

キーボードのイントロから始まり、ギターのフィードバックが哀愁を誘う美しい楽曲。

8.MEDLEY:

THEME FROM HILL STREET BLUES   by Mike Post

KID CHARLAMAGNE   by Walter Becker/Donald Fagen

DON’T TAKE ME ALIVE   by Walter Becker/Donald Fagen

PUT IT WHERE YOU WANT IT   by Joe Sample

ラーリー・カールトンが参加したアルバムのギターソロ集

9.ROOM 335

最後は残念ながら途中でファイドアウトで終了となってしまします。

ラリー・カールトン ライブ

今回はバリーアーツのストラトとアコスティック00-245での演奏でしたが、ラリー・カールトンといえば335です。

ジャズ・フュージョンの記事

ジョージ・ベンソン ライブ・アット・モントルー1986 AOR的なアルバムが好調な ジョージ・ベンソン が1986年に出演した...
リー・リトナー&フレンズ1 1989年12月8日ロサンジェルス・ココナッツグローブで行われた リー・リトナー&フレンズ1 は豪...
リー・リトナー&フレンズ2 はジャズ〜 リー・リトナー&フレンズ1ではスティーヴ・ルカサーとの共演でスティヴィー・ワンダー...
スポンサーリンク