イーグルス初期ライブ映像 は73年と74年の貴重ライブ

イーグルス初期ライブ映像

スポンサーリンク




イーグルス初期ライブ映像 DVD

1971年にイーグルスはバーニー・レドン、グレン・フライ、ドン・ヘンリー、ランディ・マイズナーの4人組としてスタート、今回のブロードキャスト・ライブは73年と74年のカントリーを中心としたサウンドからロックサウンドへと変わりつつある イーグルス初期ライブ映像 をまとめた貴重映像を見ることができます。

イーグルス初期ライブ映像

イーグルス初期ライブ映像

イーグルス初期ライブ映像

画像:カラー

古い割には綺麗な方の映像です。

音声 : モノ

画角比 : 4:3

時間 :1時間57分



73年〜74年の初期ライブ映像メンバー

POPGALA FESTIVAL公演

73年3月10日のオランダはフォールブルグのSPORTHAL DE VLIEGERMOLENで開催されたPOPGALA FESTIVALライブ映像。

バーニー・レドン:ボーカル、ギター、バンジョー、マンドリン、スティールギター

グレン・フライ:ボーカル、ギター

ドン・ヘンリー:ボーカル、ドラム、ギター

ランディー・マイズナー:ボーカル、ベース

ヨーロッパでのワン・オフ・ステージ

73年4月リリースの『DESPERADO』を直前に控えたヨーロッパでのワン・オフ・ステージ

バーニー・レドン:ボーカル、ギター、バンジョー、マンドリン、スティールギター

グレン・フライ:ボーカル、ギター

ドン・ヘンリー:ボーカル、ドラム、ギター

ランディー・マイズナー:ボーカル、ベース

74年7月19日「DON KIRSHNER’S ROCK CONCERT」

74年7月19日のLAで撮影された「DON KIRSHNER’S ROCK CONCERT」を収録。

サードアルバム オンザボーダーまでの曲を中心に構成、ドン・フェルダーが正式に加入し5人組となったイーグルスのライブ映像。

ゲストでリンダ・ロンシュタット、ジャクソン・ブラウンが参加。

バーニー・レドン:ボーカル、ギター、バンジョー、マンドリン、スティールギター

グレン・フライ:ボーカル、ギター、ピアノ

ドン・ヘンリー:ボーカル、ドラム、ギター

ランディー・マイズナー:ボーカル、ベース

ドン・フェルダー:ギター、マンドリン、スティールギター

収録曲

73年の4人組イーグルスのライブ

1. Take It Easy

イーグルスの初期のヒット曲でジャクソン・ブラウンとグレン・フライの共作

ドン・ヘンリーは、アコースティックギターをパーカッションがわりに叩いています。

イーグルス初期ライブ映像

2. Tequila Sunrise

ライブ用に歌詞を一部追加したバージョン。

グレン・フライ、バーニー・レドン、ドン・ヘンリーの3人がギアコースティックギターを演奏。

3. Saturday Night

バーニー・レドンがマンドリンを演奏、ドン・ヘンリーの哀愁を感じるボーカルに4人による綺麗なコーラスワーク。

4. Peaceful Easy Feeling

バーニー・レドンのストリングベンダーを使ったカントリーフレイバーなギターソロが楽しめます。この曲からドン・ヘンリーがドラムへ

5. How Long

J.Dサウザーによる楽曲で、2007年にもアルバム『ロング・ロード・アウト・オブ・エデン』でもカバーしてシングル発売されています。

グレン・フライがエレキギターに持ち替え演奏する軽快なロック。2007年バージョンより少しハードでラフなバージョンとなっています。。

この曲は一部映像が飛んでいます。

6. Certain Kind Of Fool

ランディ・マイズナーのへビューなベースとグレン・フライの歪んだギターがハードでロック色の強い曲になっています。

7. Outlaw Man

この曲も歪んだギターサウンドによるロック色の強い曲で、グレン・フライのボーカルやバーニー・レドンのギターソロもよりパワフルな演奏になっています。後半ではランディ・マイズナー、グレン・フライ、バーニー・レドンによるジャムセッションが楽しめます。

8. Witchy Woman

グレン・フライとバーニー・レドンのギターの掛け合いからスターするドラムのイントロが印象的な曲。曲間のヘビーなギターリフはかっこいいのですが、ボーカルのバッキングアレンジに物足りなさを感じます。

9. Out Of Control

グレン・フライのギターソロがカッコよく決まっています。

10. Keep On Tryin’

ランディ・マイズナーのボーカル曲で、9曲目と同じロック色の強い曲調で後半はジャムセッションへ

11. Early Bird

バーニー・レドンがバンジョーを演奏しながらボーカルを取る曲です。ここではグレン・フライのスライドギターを聴くことが出来ます。

後半はリズムがカントリー調へ変わります。

ドンフェルダーが加わり5人になったイーグルス

12. Peaceful Easy Feeling

ドン・フェルダーが加わったことでサウンドに厚みが増します。また、73年のライブではPA含め楽器のバランスも余り良くありませんでしたが、だいぶ良くなっています。

ドン・フェルダーはこの曲でマンドリンを演奏。

13. Already Gone

ドン・フェルダーがギターソロを演奏することでロックバンドとしての安定感を感じます。

14. Good Day In Hell

イーグルス初期ライブ映像

15. Silver Threads & Golden Needles (feat. Linda Ronstadt)

リンダ・ロンシュタットがボーカルで参加。

バーニー・レドンがアコースティックギター、ドン・フェルダーがスティールギターを担当。ロンダ・ロンシュタットの伸びのあるボーカルを聴くことが出来ます。

16. Desperado (feat. Linda Ronstadt)

リンダ・ロンシュタットがボーカルで参加。ここではグレン・フライがピアノを担当。

17. It Doesn’t Matter Anymore (feat. Linda Ronstadt)

ロンダ・ロンシュタットとバーニー・レドンによるアコースティックギターデオ、マイクで拾うギターの生々しい音色がいい。

イーグルス初期ライブ映像

バーニー・レドンが愛したマーチンD-18

18. Midnight Flyer

ゴッフィン&キングの楽曲

2ビートのカントリーソングで、ランディ・マイズナーのボーカル、バーニー・レドンがバンジョーを演奏。

後半は8ビートに変わりグレン・フライのスライドギターなどが加わり軽快なロックへ

19. Twenty One

バーニー・レドンがバンジョーを弾きながらボーカルを取る曲です。

バーニー・レドンがボーカルを担当する曲は少ないですがグレン・フライやドン・ヘンリーとは違った魅力があります。

ここではグレン・フライがアコースティックギター、ドン・フェルダーがマンドリンを担当。

20. Ol’ 55

トム・ウェイツが作詞作曲し1973年に発表した曲です。イーグルスのライブでもよく歌われる曲です。

ここではグレン・フライのピアノの弾き語りを見ることが出来、バーニー・レドンは印象的なスティールギターを演奏。

イーグルス初期ライブ映像

21. Your Bright Baby Blues (feat. Jackson Browne)

ジャクソン・ブラウンがボーカル、ギターで参加。

グレン・フライがピアノ、バーニー・レドンがスティールギター、ドン・フェルダーがアコースティックギター。

22. Looking Into You (feat. Jackson Browne & David Lindley)

ジャクソン・ブラウンのピアノの弾き語り、傍らで味のあるギターを弾いているのがデヴィッド・リンドレーです。

イーグルス初期ライブ映像

23. James Dean

5人全員がジェームス・ディーンばりのサングラスをかけて演奏する演出。

24. Doolin’ Dalton/Desperado Reprise

グレン・フライのハーモニカからスタート。

ボーカルはグレン・フライとドン・ヘンリーにより分け合って歌われています。

バックで流れる西部劇のプロモ映像には、イーグルスのメンバーが演じている姿を見ることが出来ます。

25.Take It Easy

ジャクソン・ブラウン、リンダ・ロンシュタットが加わり全員で演奏。

なぜか最後のコーラス部分が3回ほどエディットされています。

イーグルス初期ライブ映像

イーグルスの記事

イーグルス レガシー BOX 全アルバムとライブ映像を総括したボックスセット

イーグルスの核 グレン・フライ のソロライブDVDも入った限定盤を聴く

スポンサーリンク