LIVE AT MONTREUX 1986 エリック・クラプトン&フレンズ DVD

エリック・クラプトン

スポンサーリンク




LIVE AT MONTREUX 1986 エリック・クラプトン&フレンズ

LIVE AT MONTREUX 1986 エリック・クラプトン&フレンズ は、フィル・コリンズをプロデューサーに迎えて作成したアルバム「オーガスト」のメンバーと共に行ったライブ映像です。前年のビハインド・ザ・サン・ライブ・ツアーとはメンバーがガラッと変わったことで、バンドサウンドもまた違った魅力のライブコンサートとなっています。

VE AT MONTREUX 1986 DVD

VE AT MONTREUX 1986

内容

画角:4:3

音声:リニアPCM/5.1サラウンド

時間:114分

日本盤は日本語解説付き

LIVE AT MONTREUX 1986 バンドメンバー

LIVE AT MONTREUX 1986

1985年のアルバム 『ビハインド・ザ・サン』はフィル・コリンズをプロデューサーに迎えポップよりの素晴らしいアルバムでした。(ブルースファンとしては物足りない印象もあったかもしれませんが、)アルバム『オーガスト』も引き続きフィル・コリンズのプロデューとなっています。

アルバムに参加したメンバーによるライブ・ツアーも素晴らしく武道館でも楽しめせていただきました。

1986年6月の行われたモントルーのライブは前回のツアーメンバーとはガラッと変わりました

Eric Clapton:Vocal guitar

Phil Collins:Vocal drums

Nathan East:Vocal bass

Greg Phillinganes:Vocal keyboards

今回は、セカンドギター、コーラスメンバーなしの4人編成でのライブです。

モントルーライブ演奏曲

LIVE AT MONTREUX 1986

モントルーライブはシンプルなバンド編成になっているので聴いていて曲や演奏の良さが実感できるライブです。

手数の多いフィル・コリンズのドラミングも見もののひとつです。

特にクラプトンのギターの音色が以前に比べかなり太くなりました。ギターだけじゃなくエフェクターラック等も替えた新しいギターサウンドです。

1. Crossroads

クラプトンが登場しクロスロードのリフからスタートです。

メンバーが1人ずつ楽器を重ねながらサウンドを構成していく粋なオープニングです。

今回のスローバージョンのクロスロードがカッコ良いです。

2. The White Room

クロスロードからホワイト・ルームへのスムーズな流れが気持ちいいです。

3. I Shot the Sheriff

4. I Wanna Make Love to You

このライブで演奏された新曲のうちの一曲ですが、クラプントにしては珍しい曲調に感じます。

5. Miss You

6. Same Old Blues

4人で演奏するスローテンポのセイム・オールド・ブルースはよりシンプルに表現されています。

多少のコーラスの不安定さやクラプトンのソロなどその他イマイチの部分は見えますが、キーボード グレッグ・フィルゲインズのジャズ的なアプローチやネイザンイーストのスキャットなど生の演奏の面白さを味わえます。


7. Tearing Us Apart

アルバム オーガストではティナ・ターナーとのデュエット曲になっていますが、今回はクラプトンのソロボーカルで、

8. Holy Mother

1986年3月に亡くなったザ・バンドのキーボード リチャード・マニュエルに捧げた曲です。特にクラプトンのソロは悲しみや寂しさを表しているかのようなチョーキングが心に響きます。

9. Behind the Mask

1979年発売のYMOのアルバム『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』に収められている坂本龍一による作曲。

ライブではグレッグ・フィリゲインズがボーカルを取っています。(グレッグ・フィリゲインズ自身のアルバム 「パルス」に収録)

*マイケル・ジャクソンもアルバムに収録予定だったが諸事情により収録されなくなり、当時のマイケル・ジャクソンのアルバムに参加していたグレッグ・フィルゲインズが自分のアルバムに収録したことがきっかけとなりクラプトンに進めたとか、

10 . Badge

11 . Let it Rain

いつものようにバッジ〜のメドレー

12 . In the Air Tonight

フィル・コリンズはドラマーとしてジェネシスに途中加入し、ピーター・ガブリエル脱退後はジェネシスのボーカルとしても活躍しています。演奏の「in the air tonight」はソロとしてヒットした曲です。ドラムを叩きながらの熱い演奏はクラプトンのライブを食ってしまうほどの迫力があります。

観客の歓声が素晴らしい!

13 . Cocaine

フィル・コリンズの熱い演奏の後にコカインを演奏すると会場の雰囲気がクラプトン色に変わるんです。クラプトンの凄さを感じます。

14 . Layla

ギター1本で弾くレイラも新鮮味があっていいですよ。

アンコール

15 . Sunshine of Your Love

16 . Further on Up the Road

アンコールの2曲ともクラプトンのギターソロが良いです。

シンプルで生のライブ感が味わえるモントルーライブは、クラプトンはじめメンバーの人間味を感じられるライブでした。

エリッククラプトン の記事

エリック・クラプトン セッションズ・フォー・ロバート・J CD+DVD エリック・クラプトンのスタジオライブなど貴重映像が見ら...
エリック・クラプトン オールド・グレイ・ホイッスル・テスト エリック・クラプトン オールド・グレイ・ホイッスル・テスト は、1977の...
ビハインド・ザ・サン・ライブ・ツアー 85 1985年 ビハインド・ザ・サン・ライブ・ツアー はアメリカ・コネチカット州ハートフォード...
エリック・クラプトン アンプラグド エリック・クラプトン アンプラグド は、1992年のグラミー「最優秀アルバム賞」に輝くエリック・ク...
スポンサーリンク