リー・リトナー リット・ライブ 84年の全米ツアー ロック・サウンド

リー・リトナー リット・ライブ 84年の全米ツアー ロック・サウンド

スポンサーリンク




リー・リトナー リット・ライブ 84年の全米ツアー

リー・リトナー リット・ライブ は、若きリトナーが躍動する84年の全米ツアーからの映像、バックには、カルロス・ベガ、バーナード・フィンチ・・・etcの最高のパフォーマンスを見ることのできるスペシャル・ライブとなっています。

リー・リトナー リット・ライブ 84年の全米ツアー ロック・サウンド

リー・リトナー リット・ライブ 84年の全米ツアー ロック・サウンド

画角比:4:3

音声:リニアPCM

時間:75分

RITスペシャル~リー・リトナー・ライブ~ [DVD]

メンバー

ギター:リー・リトナー

キーボード:バーナード・フィンチ

ドラム:カルロス・ベガ

サックス:アーニー・ワッツ

ベース:ジミー・ジョンソン

ボーカル:ジョン・マサロ

ボーカル:フィル・ペリー

演奏曲

リー・リトナー リット・ライブ 84年の全米ツアー ロック・サウンド

1. ヘヴンリー・ボディーズ

オープニングは、エレガットによる静かなアルペジオ〜アーニー・ワッツのサックスが加わり、曲中でリトナーはギターをアイバニーズのセミアコに持ち替えサウンドも徐々に重厚に

リー・リトナー リット・ライブ 84年の全米ツアー ロック・サウンド

使用ギターはアイバニーズLR10

2. ミスター・ブリーフケース

フィル・ペリーのボーカルにリトナーのロック的なギターソロが躍動。

3. ヴォイセス

ジョン・マサロによるボーカル

リトナーはミートによるギターバッキング、エンディングはギターソロオーケストレーション

4. ドルフィン・ドリームス

アルペジオから始まるスローな楽曲は、ストラトキャスターに持ち替えボリューム奏法〜スライド〜オーバードライブサウンドまで演奏もドラマチックに進行。

5. オペレーター

エレクトリックなロックサウンドへ、ボーカルはジョン・マサロ

6. アザー・ラヴ

ジョン・マサロとフィル・ペリーによるボーカル、リズム&ブルース的フィーリングを持つ楽曲

バーナード・フィンチによりキーボードソロ〜リトナーによるギターソロ

7. サンセット・ドライヴァーズ

フィル・ペリーによるボーカル

キャッチーなポップ・エレクトリックサウンド的楽曲

8. マンデラ

ジョン・マサロとフィル・ペリーによるボーカル

バーナード・フィンチのシンセとカルロス・ベカのドラミングが印象的

9. アマレット

エレガットによるインストルメンタル、アニー・ワッツによる長尺のサックスソロ

10. リオ・ファンク

エレガットによるアクセント効いた16ビートのカッテングが心地良いサウンド、ジミー・ジョンソンによるベースソロも堪能できる。

11. イズ・イット・ユー

リトナー作曲の人気の高い楽曲

リー・リトナーとデヴィッド・フォスターが組んだAORの傑作と言われ、アルバムではエリック・タッグがボーカル

12. リト・ヴァリエーションズⅡ

アルバム「オン・ザ・ライン」に収録されている楽曲で、イントロのシンセとギターのユニゾンが印象的な楽曲。

13. アイム・ナット・リスポンシブル

最後の楽曲は、カルロス・ベガのドラムから始まるロックサウンド、ジョン・マサロとフィル・ペリーによるボーカル

リー・リトナーの映像

デイブ・グルーシン&リー・リトナー レコードプラント・ライブ デイブ・グルーシン&リー・リトナー を中心とした1985...
リー・リトナー&フレンズ1 1989年12月8日ロサンジェルス・ココナッツグローブで行われた リー・リトナー&フレンズ1 は豪...
リー・リトナー&フレンズ2 はジャズ〜 リー・リトナー&フレンズ1ではスティーヴ・ルカサーとの共演でスティヴィー・ワンダー...
スポンサーリンク