ジプシーキングス ロイヤル・アルバート・ホール 初期ライブ

スポンサーリンク




ジプシーキングス ロイヤル・アルバート・ホール 初期ライブ

ジプシーキングス ロイヤル・アルバート・ホール ライブ は、1987年に発売されたアルバムからのヒット曲を中心にした熱狂のライブとなっています。サウンドの中心はナイロン弦のアコースティック、パーカッション、ハンドクラップの軽快なラテンのリズムが心を熱くします。

画角比:4:3

時間:52分

音声:PCMステレオ

ジプシーキングスは80年代初頭から作品を発表していたが、1987年発売の3rdアルバム『ジプシーキングス』から「ジョビ・ジョバ」「バンボレオ」が大ヒットしてことで世界的に有名になったフラメンコやスパニッシュをベースにしたフランスのバンド。

ジプシーキングス ロイヤル・アルバート・ホール 初期ライブ

日本でのファーストアルバム(3rdアルバム)

メンバー(初期)

チコ・ブーチキー

ニコラ・レイエス

トニーノ・バリアルド

カヌート・レイエス

ポール・レイエス

パチャイ・レイエス

アンドレ・レイエス

ディエゴ・バリアルド

パコ・バリアルド

演奏曲

演奏曲のほとんどは日本でのファーストアルバム『ギプシーキングス』からの選曲となっています。軽快で明るいポップなスパニッシュサウンドです。

バックのリズミカルなサウンドにチコ・ブーチキーのボーカル、トニーノ・バリアルドのリードギターが心地よく響きわたります。

ジプシーキングス ロイヤル・アルバート・ホール 初期ライブ

中央がリードギターのトニーノ・バリアルド

1,トリス・テサ

2.アモーレ・アモーレ

3.ファラオン

4.マイ・ウェイ

5.アレグレア

6.ベンベンマリア

7.ハーレア

8.キエロ・サバーブ

9.ドゥエンデ

10.ジョビ・ジョバ

11.バーモス・ア・バイーラ

12.バンボレオ

ジプシーキングス といえば『コルドバ』のナイロン弦アコースティック

フラメンコといえばパコ・デ・ルシア

スーパーギタートリオ&フレンズ スーパーギタートリオというと1980年アル・ディ・メオラ、ジョン・マクラフリン、パコ・デ・ルシアの3人...
スポンサーリンク