ジョニ・ミッチェル Refuge of the Roads ロックサウンド基調のライブ

ジョニ・ミッチェル Refuge of the Roads ロックサウンド基調のライブ

スポンサーリンク




ジョニ・ミッチェル Refuge of the Roads ライブ

ジョニ・ミッチェル Refuge of the Roads は、バックにマイケル・ランドゥ、ヴィニー・カリウタ、ラッセル・フェランテ、ラリー・クレインを配置し、激しくハードな一面のロックサウンドを堪能できるライブです。

画角比:4:3

音声:ステレオ

時間:60分

Refuge of the Road / [DVD] [Import]

ミュージシャン

ボーカル・ギター・ピアノ:ジョニ・ミッチェル

ジョニ・ミッチェル Refuge of the Roads ロックサウンド基調のライブ

ベース:ラリー・クレイン

ジョニ・ミッチェル Refuge of the Roads ロックサウンド基調のライブ

ギター:マイケル・ランドゥ

ジョニ・ミッチェル Refuge of the Roads ロックサウンド基調のライブ

ドラム:ヴィニー・カリウタ

ジョニ・ミッチェル Refuge of the Roads ロックサウンド基調のライブ

キーボード:ラッセル・フェランテ

ジョニ・ミッチェル Refuge of the Roads ロックサウンド基調のライブ

収録曲

全体的にロックを基調としたサウンドは、一味違う新鮮なジョニ・ミッチェルを感じるライブです。

ドラムのヴィニー・カリュータ、ギターのマイケル・ランドゥ、ベースのラリー・クレインのロック的でジャジーな演奏に、ジョニ・ミッチェルの生き生きしたボーカルも魅力です。

1.Wild Things Run Fast 

1曲目はフュージョンロック的なサウンドにジョニ・ミッチェルの針のあるボーカル

ライブ映像に白馬の映像などジョニ・ミッチェルの映像世界が組み込まれています。

2.Raised On Robbery

ピアノのイントロからアップテンポのロック、マイケル・ランドゥのギターとベニー・カリュータのドラムが激しさをます演奏。

3.Refuge of the Roads 

ジョニ・ミッチェルがギターを抱えジョニのサスフォーの効いた透明感あるサウンドへ

4.Sweet Bird of Youth 

マイケル・ランドゥーのボリューム奏法

機内から撮影したフィルムやTVのチャンネルを小刻みに変える映像

5,Banquet

シンプルが8ビートのロックサウンド

6.You’re So Square (Baby I Don’t Care) 

続いても8ビートのアップテンポの演奏、マイケル・ランドゥのハーモニクスとアーミングが印象的、後半はシャッフルビートに変わる。

7.Solid Love

レゲイ・スカを基調にた演奏。

8.God Must Be a Boogie Man

ジョニ・ミッチェルならではのコード・バッキングから始まるジャージーな楽曲、独特なコーラスが印象的

9.For Free 

ジョニ・ミッチェルのピアノの弾き語りにソプラノサックスが加わる美しい楽曲

10.You Dream Flat Tires

ベースのラリー・クレインの弾くベースが演奏を引っ張る

11.Chinese Caf

再びジョニ・ミッチェルがピアノを弾きながらボーカル、今回はバンドでの演奏が入る。

12.Underneath the Streetlight

13.Woodstock

最後は当時付き合っていたグラハムナッシュのバンドCN&Yも録音した楽曲。

映像にはウッド・ストックでのジミー・ヘンドリクスの姿が映し出される。

14.Tour Photo Gallery

ジョニ・ミッチェル・ライブバックはパット・メセニー他

ジョニ・ミッチェル シャドウズ・アンド・ライト バックバンドも最高 ジョニ・ミッチェル シャドウズ・アンド・ライト は1979年9月、...

スポンサーリンク