クロスロードギターフェスティヴァル2013 エリック・クラプトン

クロスロードギターフェスティヴァル2013 エリック・クラプトン

スポンサーリンク




クロスロードギターフェスティヴァル2013

エリック・クラプトンはじめとするブルースギタリストやジャズ・フュージョンギタリストも参加した幅広いコンサート

2013年4月12日、13日:ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデン

クロスロードギターフェスティヴァル2013 エリック・クラプトン

クロスロードギターフェスティヴァル2013 エリック・クラプトン

画角比:16:9

音声:PCMステレオ、DTS

時間:4時間48分

演奏曲

1.Tears In Heaven

Eric Clapton

アンディフェアウェザーロウ、ドイル・ブラムホール2世を傍らにマーチンで演奏されるレゲエバージョン、ペダルスティールも加わっての演奏。

クロスロードギターフェスティヴァル2013 エリック・クラプトン

2.Spider Jiving

Eric Clapton with Andy Fairweather Low

アンディーは12弦ギターとボーカル

3.Lay Down Sally

Eric Clapton with Vince Gill

ヴィンス・ギルがアコースティックギターで加わる

4.Time Is Tight

Booker T. with Steve Cropper

ベーシストのドナルド・ダック・ダンは2012年に他界してしまったが、ブッカー・T・ジョーンズとスティーヴ・クロッパーは健在

5. Born Under A Bad Sign

Booker T. with Steve Cropper, Keb Mo , Blake Mills, Matt Guitar Murphy & Albert Lee

マット・ギター・マーフィーのプレイに注目

6.Green Onions

Booker T. with Steve Cropper, Keb Mo , Blake Mills, Matt Guitar Murphy & Albert Lee

ブッカーTの代表曲

7.Great Big Old House

The Robert Cray Band

8.Everyday I Have The Blues

The Robert Cray Band with B.B. King, Eric Clapton & Jimmie Vaughan

B.B.キング87歳現役のギターとボーカルはさすが

クロスロードギターフェスティヴァル2013 エリック・クラプトン

9.Next Of Kindred Spirit

Sonny Landreth

スライドギターの名手として知られ、ここでもスライドプレイを中心とした名演を披露

10.Cry

Doyle Bramhall II with Alice Smith

ドイル・ブラムホール2世がボーカル、アリス・スミスがコーラスで参加

11.Bullet And A Target

Doyle Bramhall II with Citizen Cope

シチズンコープは2002年『シチズン・コープ』でデビュー、アコースティックで暖かくてグルーヴィなサウンドが特徴

12.She s Alright

Doyle Bramhall II with Gary Clark Jr.

ドイル・ブラムホール2世の泥臭く太いギターソロにゲイリー・クラーク・ジュニアのギターソロの掛け合い。

ゲイリー・クラーク・ジュニアは、2011年にEP『The Bright Lights』でデビュー、グラミー賞の最優秀トラディショナルR&Bパフォーマンス賞を受賞した。2019年には3作目のアルバム『This Land』でグラミー賞で3部門を受賞。

13.This Time

Earl Klugh

雰囲気がガラっと変わり、ジャズ・フュージョンミュージシャン アール・クルーによるナイロン弦アコースティックギターサウンド

クロスロードギターフェスティヴァル2013 エリック・クラプトン

14.Mirabella

Earl Klugh

15.Heavenly Bodies

Kurt Rosenwinkel

ジャズギタリスト カート・ローゼンウィンケルによるインストルメンタル

16.Big Road Blues

Kurt Rosenwinkel with Eric Clapton

クラプトンがギターとボーカル、カート・ローゼンウィンケルのブルージージャージーなギターソロ

17.Next Door Neighbor Blues

Gary Clark Jr.

ゲイリー・クラーク・ジュニアによるボーカル、ドブロギター、バスドラ、ハイハットの演奏

18.Queen Of California

John Mayer

アコースティックギターを抱えボーカル、後半はストラトに持ち替えギターソロ

19.Don t Let Me Down

John Mayer with Keith Urban

言わずとしてたビートルズの楽曲

20.Damn Right, I ve Got The Blues

Buddy Guy with Robert Randolph & Quinn Sullivan

13年当時14歳という年齢で天才ブルースギタリストいわれたクイン・サリバンが登場でギター敵を披露するが、バディ・ガイの存在感はさすが

21.Why Does Love Got To Be So Sad

The Allman Brothers Band with Eric Clapton

ブッチ・トラックス脱退後のオールマン・ブラザース・バンド

22.Whipping Post

The Allman Brothers Band

disc2

1.Congo Square

Sonny Landreth with Derek Trucks

サニー・ランドレスとデレク・トラックスによるスライドプレイの競演、ぼーかるはサニー・ランドレス。

2.Change It

John Mayer with Doyle Bramhall II

アコースティックギターによる共演。

3.Ooh-Ooh-Ooh

Jimmie Vaughan

サックス、トランペットを加えた演奏。

4.Save The Last Dance For Me

Blake Mills with Derek Trucks

ブレイク・ミルズがボーカルとテレキャス、デレク・トラックは、アコースティックギターでスライドプレイ。

5.I Got To Let You Know

Los Lobos with Robert Cray

ロバート・クレイのボーカルでロス・ボストとの競演

.Don t Worry Baby

Los Lobos

ロス・ロボスの真骨頂である軽快でノリの良いバンドサウンド

7.The Needle And The Damage Done

Allman, Haynes, Trucks

グレック・オールマン ボーカルで3人によるアコースティックバージョン

8.Midnight Rider

Allman, Haynes, Trucks

グレック・オールマン ボーカルで3人によるアコースティックバージョン

9.I Ain t Living Long Like This

Vince Gill with Keith Urban & Albert Lee

ヴィンス・ギル ボーカルアルバート、アルバート・リーのカントリータッチのギターソロ~ヴィンス・ギル~キース・アーバンのソロの競演

10.Tumbling Dice

Keith Urban with Vince Gill & Albert Lee

キース・アーバン ボーカル

11.Walkin Blues

Taj Mahal with Keb Mo

ロバート・ジョンソンの楽曲をドブロギターによる演奏

12.Diving Duck Blues

Taj Mahal with Keb Mo

11~12ともに2人のよる最高の演奏

13.When My Train Pulls In

Gary Clark Jr.

ディストーションの効いたヘヴィーなサウンド

14.Please Come Home

Gary Clark Jr.

ハイトーンヴォイスが光るメローでミディアムテンポな演奏。

15.Going Down

Jeff Beck with Beth Hart

さすがの存在感、ベースはもちろんタル・ウィルケンフェルド、ボーカルはべス・ハート

16.Mná Na Héireann

Jeff Beck

アイルランドの民謡、フィドルとの共演。

17. Key To The Highway

Eric Clapton with Keith Richards

ジェフベックに続くは、キース・リチャード がボーカル、ギターで参加。

18.I Shall Be Released

Eric Clapton with Robbie Robertson

なかなか見ることのできないロビー・ロバートソンによるボーカルとギター。

19.Gin House Blues

Andy Fairweather Low with Eric Clapton

いつもはわき役の多いアンディ・フェアウェザーロウのブルージーなボーカル

20.Got To Get Better In A Little While

Eric Clapton

軽快なノリの演奏に、クラプトンの若々しいプレイがみられる。

21.Crossroads

Eric Clapton

いつもとは、リズムを変えたバージョンで

22. Sunshine Of Your Love

Eric Clapton

オリジナルバージョンで、ボーカルはクラプトンとドイル・ブラムホール2世。

23.High Time We Went

Ensemble

最後は全員参加で、プラグを分け合いながらのギターソロ。

演奏後のミュージシャンのステージでの触れ合いも収録

70年代のチャリティーコンサート

バングラデシュ・コンサート ジョージ・ハリスン主催のチャリティ 1971年8月1日にニューヨーク・マディソン・スクエアで開催さ...
スポンサーリンク