手作りスパイスカレー を作るもコクや旨み甘さが足りなかった訳

手作りスパイスカレー を作るもコクや旨み甘さが足りなかった訳

スポンサーリンク




手作りスパイスカレー にチャレンジ

市販の日本風カレールーも美味しいのですが、ちょっと手間をかけた 手作りスパイスカレー にチャレンジしてみました。初めての手作スパイスカレーはインターネットを見ながら6種類のスパイスを中心にレシピ通りにタマネギなどの野菜もしっかり炒めたて作ったつもりだったのですが、スパイスの味はするが、深みのない薄っぺらい味でした。

スパイスの種類が足りないのかと思いGABANの手作りカレー粉セットを購入して作ってみても物足りない!

タマネギの炒めが足りないのかと思い、茶褐色を目指し炒めたが甘みが出ない!

問題点

スパイシーな味はするが

コク、旨みがない!

甘みがない!

コクと旨み、そして甘味の発見

何度チャレンジしても、スパイシーなんですが美味しいとは言えないカレーです。

店で食べるとかなりニンニクの風味がしますのでニンニクを多めに加えてみると、多少コクが出たがまだまだ物足りない。

塩を多めに入れてみると、甘味が増してきました。

もしかして

◉油(脂)の量

◉塩加減

家庭で作る場合は、塩分や油が少ないヘルシーな料理を心がけていますが、プロが作っている料理を見ていると油や塩をかなり入っているんです。

そこでプロが加えている油量、塩分量を参考にしながらも、ヘルシーさを若干残しつつ作ってみると、今までのカレーとは比べ物にならないコクと旨み、そして甘さが加わったスパイシーカレーが出来上がりました。

油(脂)、塩が味のポイントだったようです。

4人分の食材

油はオリーブオイルを使用して大さじ6杯(本当はサラダ油が良いようですが、少しでもヘルシーにするためオリーブ使用)

塩は大さじ1杯弱

スパイスは手作りカレーセット『GABAN』(前回炒めて作っておいたもの)

タマネギ1個半 みじん切り

りんご1個 すり下ろし

トマト缶半分

ニンジン1個 みじん切り

生姜1カケ すり下ろし

ニンニク2カケ すり下ろし

ブレンディのコーヒー粉大さじ1杯

ヨーグルト大さじ1杯

炒める順番

1. オリーブオイル大さじ3杯

2. みじん切りしたタマネギを小麦色を目指し炒める(塩こしょう)

3. みじん切りしたニンジンを加える(塩こしょう)

4. 炒まってきたらすり下ろし生姜、すり下ろしニンニクを投入香ばしく炒まったら

5. 細かくしたホールトマトを投入して水分が少なくなるまで炒める

6. すり下ろしリンゴを投入して水分が少なくなるまで炒める

7. 水分が飛んで耳たぶくらいの硬さになったらスパイス投入プラス塩も忘れずに

8. しっかり炒めて香ばしくなったらお湯を入れ煮込む

9. 別皿でオリーブ油大さじ3杯で炒めていた鶏肉(もも肉)を投入

ここで鶏肉から出た脂も旨味としてしっかり投入します。

10. 煮込みながら最後の塩分を調整

11. 約40分ほど煮込み出来上がりです。

コンソメやブイヨンなどの調味料は不使用

プロのレシピを見本にしながらも自分流が入ったレシピのスパイスカレーですが、一歩前進の美味しい味に仕上がりました。

ポイント

香ばしく炒める

水分を飛ばす

油(脂)の量

塩分量

@ニンニクが好きな方はもう少しプラスするとコクと風味も強くなります。

使用したスパイス

GABAN手作りカレー粉セット

約20人分で20種類のスパイスが入っています。

20種類のスパイスは、焦がさないようにフライパンで炒めて密封容器に入れ冷蔵庫に保管しておきます。

スパイスは調合して作ってあるので、使用する時に簡単に取り出せるのでとても便利です。

お気にいりのカレー

秋葉原周辺で 絶対食べておきたい美味しいカレー は、それぞれがオリジナリティーのある一品です。今回はお気に入りの厳選の5つを...

スポンサーリンク