ラリー・カールトン イン・コンサート 80年代サウンドの新鮮ライブ

ラリー・カールトン イン・コンサート

スポンサーリンク




ラリー・カールトン イン・コンサート

1984年の ラリー・カールトン イン・コンサート は定評ある“in-akustik”の映像コンテンツから、ドイツの人気TV番組「オーネ・フィルター」のスタジオ・ライヴ映像。シンセを随所に使ったアレンジが80年代を感じさせ、今のサウンドは違う新鮮な味わいのライブ演奏となっています。

ラリー・カールトン イン・コンサート ラリー・カールトン イン・コンサート

1984年11月11日 ドイツ バーデン・バーデン

画角比:4:3

音声:リニアPCMステレオ、ドルビーデジタル5.1サラウンド

時間:45分

メンバー

G Vo:ラリー・カールトン

ラリー・カールトン イン・コンサート

Key:テリー・トロッター

ラリー・カールトン イン・コンサート

Key:ブライアン・マン

ラリー・カールトン イン・コンサート

ドラム:リック・マロッタ

ラリー・カールトン イン・コンサート

ベース:ジョン・パティトゥッチ

Per:

ゲスト

ブルースハープ:ジョニー・マース

演奏曲

1.Strikes Twice

ギブソン335でスタート、

2.Blues Under

ラリー・カールトンはバリー・アーツのイエローナチュラルのストラトに持ち替え伸びのあるギターを聴かせます。シンセがいかにも80年代を感じさせます。

3.I’m A Fool

ミュートピッキングをしながらのラリー・カールトンのボーカル

4.Larry’s Secret

イントロはシンセから入り、ジョン・パティトゥッチのベース、テリー・トロッターのキーボード、リック・マロッタのドラムのアンサンブルが素晴らしく、ラリー・カールトンの伸びのあるリバーブの効いたギターが、また良いんです。

5.Last Nite

始まりのジョン・パティトゥッチのベース、リック・マロッタのドラムがブルージーでアダルトなサウンドを感じさせ、曲間では長尺のシンセソロが印象的です。

6.Rio Samba

パーカーションとドラムの掛け合いから力強いソロを楽しめます。

7.I Gotta Right

ブルースハープのジョニーマースがゲストで参加

8.’D’ Modal Thang

シンセから入る派手なイントロアレンジが印象的な演奏

ライブ全体を通してラリー・カールトンが弾きまくるという印象ではなく、バンドサウンド全体を楽しめるといった感じです。特に80年代のシンセサイザーを前面に出したアレンジが印象的なコンサートとなっています。

カールトンといえばES-335

ラリー・カールトン イン・コンサート

ラリー・カールトンの記事

ラリー・カールトン ライブ・アット・ワーフィールド 1987 ラリー・カールトン による1987年10月25日、サンフランシスコ ワー...
スポンサーリンク