アルバート・キング、スティーヴィー・レイヴォーン イン・セッション

アルバート・キング、スティーヴィー・レイヴォーン イン・セッション

スポンサーリンク




アルバート・キング、スティーヴィー・レイヴォーン イン・セッション

1983年12月6日にアメリカ オンタリオのスタジオで収録された アルバート・キング、スティーヴィー・レイヴォーン による『イン・セッション』は既にCDでは発売されていますが、晴れてDVD映像で見ることのできる伝説のライブです。

アルバート・キングスティーヴィー・レイヴォーン イン・セッション

アルバート・キング、スティーヴィー・レイヴォーン イン・セッション

画角比:4:3

音声:ドルビーデジタルステレオ

時間:約88分

日本語字幕付き(日本盤の場合)

CD/DVDの2枚組

スタジオメンバー

Guitar:Stevie Ray Vaughan

Guitar:Vocals – Albert King

Drums:Michael Llorens

Bass:Gus Thornton

Pano Organ:Tony llorens

共演時はアルバート・キング60歳、スティーヴィー・レイヴォーン29歳の時で、スティーヴィー・レイヴォーンがデヴィッド・ボウイのレッツダンスにギターで参加し一躍脚光を浴び、同年発表したアルバム「テキサス・フラッド」でゴールドディスクを獲得するという人気実力とも鰻登りの時です。

アルバート・キングとスティーヴィー・レイヴォーン は1973年にオースティンで出会っていたようで、既にその時にスティーヴィー・レイヴォーンのギターの腕を見抜いていたとか・・・

アルバート・キングがスティーヴィー・レイヴォーンに向けて

『ギタリストは大勢いるが、集中力もソウルもない、君は両方を備えている。』

『彼らはプライで速さを競うだけ』

演奏曲

アルバート・キング、スティーヴィー・レイヴォーン イン・セッション

観客のいないスタジオで終始リラックししながら行われた演奏は、アルバート・キングとスティーヴィー・レイヴォーンによる時間を気にせず、納得するまでソロを展開するライブ演奏を堪能することができます。スティーヴィー・レイヴォーンは、憧れのアルバート・キングとあってか気を遣って遠慮している姿が垣間見れますが、ここぞと言う所ではスティーヴィー・レーヴォーンらしい演奏も視聴でき、楽しめること間違いなしです。

1 .Call It Stormy Monday(9:00)

Written-By : Aaron “T-Bone” Walker*

2.Old Times(会話1:15)

3. Pride And Joy(6:01)

Written-By : Stevie Ray Vaughan

4. Ask Me No Questions(5:01)

Written-By :B.B. King

5. Pep Talk(会話0:52)

6. Blues At Sunrise(15:10)

Written-By:Albert King

7. Turn It Over(会話0:51)

8 Overall Junction(8:04)

Written-By : Albert King

9. Match Box Blues(7:55)

Written-By :Albert King

10. Who Is Stevie?(会話0:44)

11. Don’t Lie To M(8:57)

Written-By : Hudson Whittaker

アルバート・キング、スティーヴィー・レイヴォーン イン・セッション

Fender フェンダー エレキギター STEVIE RAY VAUGHAN STRATOCASTER 3TS

DVDのラストには2人に送る言葉が

アルバート・キング、スティーヴィー・レイヴォーン イン・セッション



ブルースの映像

B.B.キング&フレンズ B.Bキングがホストとなり、豪華一流ミュージシャンが出演したスーパーセッションシリーズのブルース編 ...
エリック・クラプトン セッションズ・フォー・ロバート・J CD+DVD エリック・クラプトンのスタジオライブなど貴重映像が見ら...
スポンサーリンク