マイケル・マクドナルド サウンド・ステージ ドゥービーメンバー参加

マイケル・マクドナルド サウンド・ステージ ドゥービーブラザース参加

スポンサーリンク




マイケル・マクドナルド サウンド・ステージ ドゥービーブラザース参加

マイケル・マクドナルド サウンド・ステージ ライブはドゥービー・ブラザース以来2度目の出演となり、ゲストはマーヴィン・ゲイ、ダイアナ・ロスなど様々なアーチストに楽曲を提供した伝説的な夫婦ディオでありソングライターのニコラス・アシュフォードとヴァレリー・シンプソン、ドゥービー・ブラザースのパット・シモンズ、トム・ジョンストンを迎えたソウルフルなライブです。

マイケル・マクドナルド サウンド・ステージ ドゥービーブラザース参加

マイケル・マクドナルド サウンド・ステージ ドゥービーブラザース参加

画角比:16:9

音声:ドルビーデジタル5.1、リニアPCMステレオ

時間:58分

サウンドステージとは

かつてアメリカの人気番組であるサウンド・ステージは1974年にスタートして、数々のアーティストが出演しライブ演奏を行なっていた番組だったのですが、2003年に18年ぶりにサウンドステージとして蘇りました。

バンドメンバー

バンドメンバー

マイケル・マクドナルド サウンド・ステージ 

マイケル・マクドナルド サウンド・ステージ 

マイケル・マクドナルド サウンド・ステージ 

ゲストミュージシャン

ニコラス・アシュフォード

ヴァレリー・シンプソン

パトリック・シモンズ

トム・ジョンストン

演奏曲

1. It Keeps you Running

オープニングはキレの良いギターのバッキングに、ステージ中央に配置されたキーボードを弾きながらマイケル・マクドナルドのソウルフルなボーカルでスタート。

2. Sweet Freedom

3. I Keep Forgettin’

CDでは軽快でタイトなサウンドになっていますが、サウンドステージのライブではリズム隊が違うため重くアダルトな雰囲気に感じるサウンドになっています。

4. Grapevine

マーヴィン・ゲイがリリースした楽曲、ここではバイオリン、コーラス、そしてマイケル・マクドナルドのボーカルが、よりソウルさを感じます。

5. Aint No Mountain High Enough

マーヴィン・ゲイとタミー・テレルが1967年に発表した楽曲で、ニコラス・アシュフォードとヴァレリー・シンプソンによる作詞作曲。

ニコラス・アシュフォードとヴァレリー・シンプソンがボーカルで参加。

マイケル・マクドナルド サウンド・ステージ 

マイケル・マクドナルド サウンド・ステージ 

6. Aint Nothing Like the Real Thing

5曲目に続きマーヴィン・ゲイとタミー・テレルが1967年に発表した楽曲で、ニコラス・アシュフォードとヴァレリー・シンプソンによる作詞作曲。

ニコラス・アシュフォードとヴァレリー・シンプソンがボーカルで参加。

7. Black Water

ドゥービーブラザースの74年発表の4作目のアルバム ドゥービー天国に収録されたパット・シモンズ作で全米NO.1を記録した曲。

ギターの弾き語りから始まりドゥービーサウンドへ

マイケル・マクドナルド サウンド・ステージ 

8. Take Me in your Arms Rock Me

75年発表の5作目のアルバム スタンピース収録

今回マイケル・マクドナルドがパット・シモンズ、トム・ジョンストンとジョイントするためドゥービーのモータウン的な曲をやりたいとピックアップされた曲。

パットがギターソロを演奏。

マイケル・マクドナルド サウンド・ステージ 

9. Minute by Minute

78年発表のアルバム ミニット・バイ・ミニット収録。マイケル・マクドナルドとレスター・エイブラムスによる共作。ラリー・カールトンのアコースティックアルバム ディスカバリーにも収録された楽曲。

10. What a Fool Believes

78年発表のアルバム ミニット・バイ・ミニット収録曲。

全米NO.1を記録し、グラミー賞の最優秀楽曲賞を受賞。

マイケル・マクドナルドとケニー・ロギンスの共作

11. Takin’it to the Streets

マイケル・マクドナルドが加入した後に初めて発表した76年の6作目のアルバム収録曲。マイケルがドゥービー・ブラザースが加わった事で、実質的な音楽的リーダーとなり曲調もAOR的変わっていく重要なアルバム。

作詞作曲はマイケル・マクドナルド

マイケル・マクドナルド サウンド・ステージ 

ボーナストラック

12. You Belong To Me

ドゥービー・ブラザース77年の7作目のアルバム 運命の掟収録曲

カーリー・サイモンとマイケル・マクドナルドの共作。


おすすめの記事

エリック・クラプトン セッションズ・フォー・ロバート・J CD+DVD エリック・クラプトンのスタジオライブなど貴重映像が見ら...
スポンサーリンク